【MTG】プレリに参加してきた【灯争大戦】

きたる2019年の4月27日、関東の某所にてMTGのプレリリースイベントへ参加してきた筆者である。

やはりプレリリースは良いものである。

トリ

お祭り!

今回はかなり盛況な感があり、いつも行っているショップもまさかのキャンセル待ちが出るという状況であった。

トリ

灯争大戦は色々盛り上がる要素あるもんね

作ったデッキやら引き当てたカードを紹介するゆるい記事をお送りする。

【MTG】プレリに参加してきた【灯争大戦】

灯争大戦プレリでこんな感じのデッキを組んだ

さて、今回の灯争大戦だが非常に困惑した。

カードパワーが非常に高いように感じるのである。

強い除去が多く、プレインズウォーカーを対処しなければならない。

増殖もしたい。

あれも良さそうこれも良さそうとなかなかに悩ましい感じであった。

筆者は次のようなデッキを組んでみたところである。

ちなみに4マナ域にカーンも入っていたが友人に譲ったため抜けている。基本地形は森と平地が半々に7枚ずつである。ギルド球を入れて合計41枚にした。右のアーティファクトはカーンの能力で持ってくる用。

灯争大戦はプレインズウォーカーだらけのセットである。

ということでせっかくならと緑白のプレインズウォーカーもりもりデッキを組んだ。もりもりなのでタッチでケイヤの誓いを入れた。

トリ

普段プレインズウォーカーこんな並べないしなんか豪華な気になるよね

ちなみにケイヤの誓いキオーラがプレリプロモであった。

プレインズウォーカーを5枚入れてみた

色が合ったのでケイヤ放浪者カーンテオキオーラの5枚を投入した。

ケイヤ放浪者は流石に除去が複数回使えて強い。

カーンはサイドからアーティファクトを持ってこれるのが地味に強かった。

トリ

ギルド球持ってきてドローとかね

また相手のマナファクトを止めたりパルヘリオンIIみたいなやばいやつを止められて思わぬ活躍であった。

テオは微妙かと思いつつ入れたのだが、ケイヤの誓いと噛み合った時はなかなかうざかった(はず)。

壁が死んで立ち上がる民衆にカウンターが乗るのにも役立ったりした。

キオーラはマナ加速要因である。肝心の誘発ドローは確実にすべきだろう(忘れた)。

一応勝ち越せた

結果は2-1であった。

トリ

おー

お祭なのでとにかく楽しめて良かった。何よりプレインズウォーカーがたくさん使えて満足である。

プール的には赤緑のグルールカラーも良さげであった。キオーラでドローしまくれる構成のデッキも行けそうだったのだ。

しかし今回はプレインズウォーカーだらけにしたかったのでこんな感じになった。

その他の引き当てたカード

景品のパック含めてこんな感じのカードが引けた。

今回の目玉の一つに日本版のみの絵違いプレインズウォーカーがあるだろう。

パックに1枚は封入されているプレインズウォーカーカードが、50%の確率で日本のイラストレーターが手がけたイラスト版で出てくるのである。

かの天野先生の手がけたリリアナは大変なことになっている。

トリ

やばすぎ!

残念ながらリリアナは出てこなかったわけだが、いくつか絵違いのものが出てきた。

(ちなみにデッキに入れていたケイヤと放浪者、キオーラも絵違いである)

アーリンの絵違いはかなり好きなイラストなのでとても嬉しい。うますぎるしタッチがツボである。はみ出かたもたまらん。

ダブリエル絵違いもかっこいい。

ドムリも絵違い。

トリ

絵違いはマジックっぽくないタッチのイラストだけどこれもまたいいね!

 

何はともあれ新カードを楽しめるプレリはやはり楽しすぎるのであった。

おわりに

ということでプレリリースイベントに行ってきた!という話であった。

今回は楽しめる要素がまた多くてたまらないものがある。

 

いやはや、それにしてもプレリ、面白いものである。

トリ

みんなで行こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください