【MTG】アルティメットマスターズ発表後のシングル価格推移 土地編【1週間後】

MTGUMAシングル価格チェック土地編

2018年11月6日にMTGの「最後のマスターズ」であるアルティメットマスターズの発売が発表された。

トリ

おー!

『アルティメットマスターズ』

発売日:2018年12月7日

  • カード種類数:254
  • 1ボックスにつき24パック入り
  • 1パックにつきカード15枚入り(1枚はフォイル仕様)
  • 言語:英語、日本語(発売は全世界)
  • 1ボックスにつき1個、「アルティメットボックストッパー」を同梱
  • メーカー希望小売価格:1ボックス31,200円、1パック1,300円
  • 限定生産につき数量には限りがあります

MTGUMAパッケージ

参考 『アルティメットマスターズ』発表MTG公式

取り敢えずの目玉はボックストッパーだろう。

トリ

なんだそれ?

1ボックスごとに1つ付いてくる特別なカードである。

40種類のボックストッパー・カードは、どれもマジックで特に人気を集めるカードの拡張アート版です。

ということでかなり豪華なラインナップである。

そんな折に、会社帰りによったショップで高かったカードが目に見えて安くなっていたのでびびった。

それが軒並みアルティメットマスターズで再録が発表されたカードだったのだ。

そんなボックストッパーにて再録予定のカードが、発表1週間にてシングル価格にどれほど影響を与えているのか?

この記事ではそれを見てみたいと思う。

数がやや多いので何回かに分ける予定である。

今回は土地について見てみる。

トリ

クリーチャーになれちゃうミシュラランドが再録されるぞ!

アルティメットマスターズ発表後のシングル価格 土地編(ボックストッパーのカード)

ということで11月12日のシングル価格をWisdom Guildからのデータを拝借してお送りする。

注意
掲載している価格は、あくまでも11月12日ピンポイントのものである。

今回はボックストッパーに採用された土地のみ全10枚について見てみたい。

カード画像に関しては、公式より引用の上、折角なのでボックストッパーと日本語版を両方掲載させていただく。

古えの墳墓/Ancient Tomb

古えの墳墓/Ancient Tombのボックストッパー
古えの墳墓/Ancient Tomb
古えの墳墓/Ancient Tombの価格推移

最安:2,390円/トリム平均:3,574円

レガシー以下で使用可能なカードである(個人的には今の所縁がない)。

発表直前から落ち始めている。

ちなみに直前から変動が見られるのは、何やら各地でトッパーがウィザーズより送られてくる、という現象がSNS等で報告されており、新マスターズの予兆が見られていたからであろう。

トリ

ふむふむ

あと余談だがボックストッパー版のカードはスペースの問題だろうか、フレイバーテキストが省略されていたりする。

魂の洞窟/Cavern of Souls

魂の洞窟/Cavern of Soulsのボックストッパー拡張アート
魂の洞窟/Cavern of Souls
魂の洞窟/Cavern of Soulsの価格推移

最安:5,800円/トリム平均:7,500円

モダンでも広く使われている一枚。筆者も欲しかったため、これを機会に買ってみた次第である。

結構このグラフの最安近辺で変えていたようなので嬉しい(AVR版日本語で6000円を切っていた)。

トリ

おーお得じゃん!

天界の列柱/Celestial Colonnade

天界の列柱/Celestial Colonnadeのボックストッパー拡張アート
天界の列柱/Celestial Colonnade
天界の列柱/Celestial Colonnadeの価格推移

最安:2,580円/トリム平均:3,452円

モダンでも青白コンなんかに入っている強いミシュラランド(青白コン苦手である)。

結構大胆に値下げしている。

忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit

忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pitのボックストッパー拡張アート
忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit
忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pitの価格推移

最安:780円/トリム平均:1,230円

これまたなかなか強いミシュラランドである。

だいぶお手頃価格になってきている。

暗黒の深部/Dark Depths

暗黒の深部/Dark Depths
暗黒の深部/Dark Depths
暗黒の深部/Dark Depthsの価格推移

最安:2,300円/トリム平均:4,014円

妙に憧れのある土地だがレガシーは未着手なのである。新アートは内側からの構図なのがいい味出している。

カラカス/Karakas

カラカス/Karakasの拡張アート
カラカス/Karakas
カラカス/Karakasの価格推移

最安:5,400円/トリム平均:8,244円

暗黒の深部に続いて神話レアの土地である。これまた筆者としては馴染みのない土地だがなかなかの値段である。

価格推移のグラフの形がなんとなくカラカスっぽい。

トリ

何言ってんの

溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reaches

溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reachesのボックストッパー拡張アート
溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reaches
溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reachesの価格推移

最安:45円/トリム平均:105円

モダンでも馴染みの薄いミシュラランドである。と思ったら安かったので変動が僅か。

トリ

(ちょっとハズレ感すごいな)

怒り狂う山峡/Raging Ravine

怒り狂う山峡/Raging Ravineのボックストッパー拡張アート
怒り狂う山峡/Raging Ravine
怒り狂う山峡/Raging Ravineの価格推移

最安:680円/トリム平均:1,098円

モダンで最近復興しつつあるジャンドで活躍するミシュラランドである。

微妙にピコンと価格が戻っているのが気になるところである。

トリ

ピコンだな

活発な野生林/Stirring Wildwood

活発な野生林/Stirring Wildwoodのボックストッパー拡張アート
活発な野生林/Stirring Wildwood
活発な野生林/Stirring Wildwoodの価格推移

最安:50円/トリム平均:100円

これまた平坦な雰囲気の一枚。

トリ

(これもハズレ感すごいな)

ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth

ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmothの拡張アート
ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmothの価格推移

最安:1,180円/トリム平均:1,593円

イラストがこれまた良い1枚。

割と落ちている。

トリ

ほー値がついているカードは結構安くなってるんだな!

おわりに

ということでアルティメットマスターズが発表されてからの再録カードの価格推移をしらべてみた次第である(2018/11/12時点)。

ミシュラランド再録はモダンプレイヤーには嬉しいことである(個人的には直近使う予定はないが)。

そしてはっきり言ってボックスが欲しいがそもそも高い上にどこも予約できやしない!

ということで入手は諦めている。

もうなんというか静かに再録の影響で欲しいカードが安くなる恩恵を受けられればそれで良い。

個人的には早速魂の洞窟を買ってもいいかもと思える価格で買えるという恩恵に授かったため、いいことである。

トリ

確かに!

あとは仕組まれた爆薬が欲しいと目論んでいる。

また微妙に楽しみなのは、先日発表されたグランプリ静岡2018のサイドイベントにおけるアルティメットマスターズシールドである。

参考 スケジュールGRAND PRIX SHIZUOKA

出場料は高いし抽選100名とのことだが、思い切って参加を狙いたい。

有給で金曜に行くつもりなのでそこで滑り込めないかと期待している筆者であった。

トリ

どうだろね!

 

いやはや、それにしてもアルティメットマスターズ、面白いものである。

トリ

みんなは買うのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください