【MTG】アルティメットマスターズ発表後のシングル価格推移 無色編【1週間後】

MTGUMAシングル価格チェック無色カード編

2018年11月6日にMTGの「最後のマスターズ」であるアルティメットマスターズの発売が発表された。

トリ

うひょー!

『アルティメットマスターズ』

発売日:2018年12月7日

  • カード種類数:254
  • 1ボックスにつき24パック入り
  • 1パックにつきカード15枚入り(1枚はフォイル仕様)
  • 言語:英語、日本語(発売は全世界)
  • 1ボックスにつき1個、「アルティメットボックストッパー」を同梱
  • メーカー希望小売価格:1ボックス31,200円、1パック1,300円
  • 限定生産につき数量には限りがあります

MTGUMAパッケージ

参考 『アルティメットマスターズ』発表MTG公式

取り敢えずの目玉はボックストッパーとその再録カードだろう。

トリ

なんだそれ?

ボックストッパーは1ボックスごとに1つ付いてくる特別なカードである。

40種類のボックストッパー・カードは、どれもマジックで特に人気を集めるカードの拡張アート版です。

ということでこれがまたかなり豪華なラインナップなのである。

そんな折に、会社帰りによったショップで高かったカードが目に見えて安くなっていたのでびびった。

そしてそれが軒並みアルティメットマスターズで再録が発表されたカードだったのだ。

そんなボックストッパーにて再録予定のカードが、発表1週間にてシングル価格にどれほど影響を与えているのか?

この記事ではそれを見てみたいと思う。

数がやや多いので何回かに分ける予定である。

今回は土地以外の無色カードについて見てみる。

トリ

あのエルドラージ勢が集うぞ!

個人的には仕組まれた爆薬欲しい。

MTGUMAシングル価格チェック土地編【MTG】アルティメットマスターズ発表後のシングル価格推移 土地編【1週間後】

アルティメットマスターズ発表後のシングル価格 無色編

ということで11月13日のシングル価格をWisdom Guild様からのデータを拝借してお送りする。

注意
掲載している価格は、あくまでも11月13日ピンポイントのものである。

今回はボックストッパーに採用された無色カードのみ全7枚について見てみたい。

カード画像に関しては、公式より引用の上、折角なのでボックストッパーと日本語版を両方掲載させていただく。

またコレクター番号順に掲載する。

引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn

引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Tornのボックストッパー拡張アート
引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn
引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Tornの価格推移

最安:2,790円/トリム平均:4,409円

ビジュアルがかっこよすぎるエムラクール氏が再録される。

トリ

圧倒的存在感!

コンボパーツとして、また頑張って出す枠として活躍されている。

今回発表1週間で、おおよそ1000円くらいは価格が落ちているようである。

 

余談だがグランプリ静岡にはこのエムラ氏を描いたMark Tedin氏がアーティストとして来日する。

アルティメットマスターズシールドで一足早くこのエムラ氏を開封すればいち早くサインを入れてもらえるチャンスである!

参考 アーティストGRAND PRIX SHIZUOKA

トリ

グランプリはアーティストにサインもらったりするのも楽しいぞ

解放された者、カーン/Karn Liberated

解放された者、カーン/Karn Liberatedのボックストッパー拡張アート
解放された者、カーン/Karn Liberated
解放された者、カーン/Karn Liberatedの価格推移

最安:6,080円/トリム平均:7,415円

トロンで大活躍のカーン氏も再録である。4枚入るだけあってなかなかの価格であったが、今回これまた1000円くらいは落ちている模様。

今後の動向も気になる所である。

真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth

真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truthのボックストッパー拡張アート
真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth
真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truthの価格推移

最安:1,680円/トリム平均:2,428円

あまり見ない気がするコジレック氏。

しかし割と帰還されている気はする。

トリ

誰だって早く帰りたいからな

無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre

無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyreのボックストッパー拡張アート
無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre
無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyreの価格推移

最安:1,380円/トリム平均:2,089円

じわじわ値上がりしていた所、元に戻った体のウラモグ氏。

どちらかというとお腹が減っている印象である。

トリ

もぐもぐ

仕組まれた爆薬/Engineered Explosives

仕組まれた爆薬/Engineered Explosivesのボックストッパー拡張アート
仕組まれた爆薬/Engineered Explosives
仕組まれた爆薬/Engineered Explosivesの価格推移

最安:4,990円/トリム平均:6,753円

筆者最注目の再録カードである。

この夏何やら値上がりしていたようだがこの度なかなか落ちてきているようである。

もうちょい落ち着いて欲しいと思うばかりである。

トリ

このイラストは初日本語かね

魔力の櫃/Mana Vault

魔力の櫃/Mana Vaultのボックストッパー拡張アート
魔力の櫃/Mana Vault
魔力の櫃/Mana Vaultの価格推移

最安:900円/トリム平均:2,340円

まさかのヴィンテージしか使えないカードである。

トリ

ヴィンテージのカードの需要ってどんなもんなんだろか?

どうやらエキスパンションでかなり値段が違うようである。

白金の帝像/Platinum Emperion

白金の帝像/Platinum Emperionのボックストッパー拡張アート
白金の帝像/Platinum Emperion
白金の帝像/Platinum Emperionの価格推移

最安:680円/トリム平均:1,380円

何やら拡張アートがやたらかっこいい。巨像感が半端ないといった所である。

2000円くらいを綺麗にキープしてきたがここにきてやや値下がりした。

トリ

向こう見ずな実験されがちなやつか!

おわりに

ということでアルティメットマスターズが発表されてからの再録カードの価格推移をしらべてみた次第である(2018/11/13時点)。

今回は無色のカードに絞ったがまさかのヴィンテージ用カードが紛れていてびびった次第である。

個人的には仕組まれた爆薬が欲しいのだが結局結構高いので個人的な買い時がまだ訪れないのであった。

 

いやはや、それにしてもアルティメットマスターズ、面白いものである。

トリ

みんなは買うのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください