【MTG】新規アートで始めるモダン・呪禁オーラ編【アルティメットマスターズ】

アルティメットマスターズ・モダン・呪禁オーラbogles

ついに2018年12月7日にマジック:ザ・ギャザリングの特別なセット、アルティメットマスターズが発売した。

知人が購入したボックスが羨ましくて1ボックス買ってしまった。

トリ

あーあ

さて、モダンをカジュアルにプレイしている筆者としては、アルティメットマスターズでの再録により、既存のモダンデッキが金銭面・流通面で組みやすくなるのは大歓迎である。

今回はそんな再録の恩恵がありそうなデッキをいくつか紹介したい。

数がやや多いため数回に分けて紹介する。

アルティメットマスターズから始めるモダン・呪禁オーラ編

呪禁オーラはこんな感じ

呪禁の1/1生物であるぬめるボーグル林間隠れの斥候に軽めなオーラを貼りまくって殴り勝つデッキである。

ぬめるボーグル(旧アート)
林間隠れの斥候  

カードを引きつつ、本人も大きく強化できるコーの精霊の踊り手も入ることが多い。

コーの精霊の踊り手

貼り付けるオーラは懐かしの怨恨をはじめとした軽くて強力なものになる。

怨恨
天上の鎧
夜明けの宝冠(旧アート)
ハイエナの陰影
蜘蛛の陰影

主にこれらを貼りまくってでかくした上で殴り勝つと言うシンプルなもの。

モダン環境において色があえば搭載されることの多い致命的な一押し流刑への道稲妻などの軽量除去では除去ができない(つまり相手の手札に無駄牌を作れる)のが強みと言える。

致命的な一押し
流刑への道
稲妻

ヴェールのリリアナをはじめとする布告除去(生け贄に捧げさせられる)は苦手なため、ドライアドの東屋結束のカルトーシュも採用される。

ヴェールのリリアナ
ドライアドの東屋

トリ

対ジャンドなんかではフェッチランドを起動するタイミングに注意!

 

アルティメットマスターズで再録するキーカード

ぬめるボーグル
ハイエナの陰影
蜘蛛の陰影
夜明けの宝冠
ガドック・ティーグ

ぬめるボーグル

ぬめるボーグル

英語のデッキ名(bogles)にもなっている主役。

呪禁生物のぬめるボーグルは新アートがとても良い。

トリ

きもかわ!

蜘蛛の陰影、ハイエナの陰影

蜘蛛の陰影
ハイエナの陰影

陰影二種は軽いオーラである。

また族霊鎧により、生物自身の破壊をこれらのオーラの破壊と置き換えることができる。

コンバットによる破壊、また全除去に強くなるのが良い。

トリ

終末はだめかー

ちなみ1ボックス買うと3〜4枚は手に入るはず。

夜明けの宝冠

夜明けの宝冠

宝冠はオーラがすでについている生物にしか貼れないと言う制約があるものの、2マナで+3/+3修正に加えて先制攻撃・警戒・絆魂付与とその破壊力は申し分なし。

最安:220円/トリム平均:604円(夜明けの宝冠の2018/12/11の価格)

トリ

安くなってる!

ガドック・ティーグ

ガドック・ティーグ

サイドとして非常に強力なクリーチャー。

人間などにも採用されている。

トリ

本人はキスキン(ってかキスキンって何?)

地味に高くなっていたため再録は良いことである。

最安:1,190円/トリム平均:2,132円(ガドック・ティーグの2018/12/11の価格)

今回は伝説枠での登場。

呪禁オーラに関するおすすめ記事

①まつがん氏のデッキ調整録

参考 オーラを自由に貼りたいな晴れる屋

かのデッキビルダーまつがん氏の呪禁オーラ調整記録である。

呪禁オーラだけでなく、モダン環境そのものについて解説されており、筆者のようなモダン初心者にははっとする部分がある。

またデッキ調整のアプローチにも触れられており、これは呪禁オーラに限らず応用が利く大変ためになる記事である。

是非ご一読することをおすすめする。

おわりに

ということでアルティメットマスターズ発売により少なからず組みやすくなるであろうモダンデッキの紹介、第3弾は呪禁オーラであった。

気になっていた方はこれを機に組んでみてはいかがだろうか?

トリ

きもかわボーグルを育成!

 

いやはや、それにしてもモダン、面白いものである。

トリ

みんなでやろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください