【MTG】新規アートで始めるモダン・ブリッジヴァイン編【アルティメットマスターズ】

アルティメットマスターズでモダン・ブリッジヴァイン

ついに2018年12月7日にマジック:ザ・ギャザリングの特別なセット、アルティメットマスターズが発売した。

モダンで使われているカードも多く収録されている。

モダンをカジュアルにプレイしている筆者としては、アルティメットマスターズでの再録により、既存のモダンデッキが金銭面・流通面で組みやすくなるのは大歓迎である。

今回はそんな再録の恩恵がありそうなデッキをいくつか紹介していきたい。

数がやや多いため数回に分けて紹介する。

アルティメットマスターズから始めるモダン・ブリッジヴァイン編

ブリッジヴァインはこんな感じ

黄泉からの橋をうまく使うためのカード」と「復讐蔦を墓地から戻せるカード」で構成された面白いデッキ。

黄泉からの橋(旧アート)復讐蔦(旧)

M19での縫い師への供給者の登場により頭角を表し一世を風靡したデッキだが、現在やや影を潜めている感がある。

縫い師への供給者

トリ

ほー

個人的に使ってみたいデッキのひとつである。

基本的な挙動は下記を参照されたし。

参考記事
参考 岩SHOWの「デイリー・デッキ」ブリッジヴァイン(モダン)MTG公式

岩SHOW氏の連載に掲載された記事。

25周年プロツアーで活躍したこのデッキについて解説している。

再録カード

復習蔦 黄泉からの橋(新規アート) 信仰なき物あさり(新)

黄泉からの橋

黄泉からの橋(新規アート)

デッキ名の由来となっているカードをのひとつ。

特殊なエンチャントであり、墓地にあるときに効果が発生する。

自分のクリーチャーが死亡したときに2/2ゾンビトークンが出てくるというものである。

これを使い大量のゾンビで殴るというのもひとつの勝ちパターンである。

アートは初代モダマスのものである。

つまり日本語版は初。

トリ

そうなのか

復讐蔦

復習蔦

こちらもデッキ名になっている復讐蔦氏。

急激に値段があがっていた1枚である。

最安:2,180円/トリム平均:3,639円(復讐蔦の価格:2018/12/12)

やはりマナを払わずに場に出うるクリーチャーは可能性があるのだろう。

今回の再録で落ち着いたようで何よりである。

信仰なき物あさり

信仰なき物あさり(新)

もはやモダンでも屈指のドロースペルではなかろうか。

ホロウワンマルドゥパイロマンサー、最近流行りのアークライトレッドなどで大活躍である。

コモンなのでアルティメットマスターズを1ボックス買うとさすがに数枚出てくる。

筆者は1ボックス開けて3枚獲得した。

トリ

そのために箱買うやついないだろ

おすすめ記事

参考 宇都宮 巧のブリッジヴァインデッキガイド晴れる屋

HARERUYA HOPESの宇都宮氏によるデッキガイドである。

氏はブリッジヴァインにより2回連続でモダングランプリトップ8を成し遂げている。

トリ

すごい!

直近の環境(2018/12)における調整、プレイングのコツなどが記されている。

参照されたし。

トリ

モダンはいろんなデッキの動き知っておくべき!

おわりに

ということでアルティメットマスターズ発売により少なからず組みやすくなるであろうモダンデッキの紹介、第4弾はブリッジヴァインであった。

気になっていた方はこれを機に組んでみてはいかがだろうか?

トリ

ゾンビだらけにしたい!

 

いやはや、それにしてもモダン、面白いものである。

トリ

みんなでやろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください