【新潟県佐渡市の水族館?】あげしま水族館の行き方と感想

どんな水族館か?
新潟県佐渡市の尖閣湾にある水族館。が併設された公園。

おすすめ?
イカ好きにはオススメ。

全国でも珍しいイカの遊泳が見られる。あと海の底見たい人にはオススメ。あと尖閣湾の景色を楽しみたい人もオススメ。

両津港からのアクセスはまずまず(レンタカーで60分)。

トリ

ナンカ引ッカカル言イ方ダナ

あげしま水族館の行き方

基本情報

 所在地
〒952-2133 新潟県佐渡市北狄1561

 

 入館料
550円
※遊覧船乗船の場合は1100円

 

 駐車場
150台(無料)

 

 営業時間
8:30 – 17:00(3-4月)
8:00 – 17:30(5-10月)
8:30 – 17:00(11月)
8:30 – 16:30(12-2月)

 

 所要時間目安

60 – 120分

尖閣湾揚島遊園

トリ

ン? 水族館?

大まかな行き方

佐渡上陸に関しては以下の関連記事を参照されたし。

【廃墟】北沢浮遊選鉱場の行き方と感想【新潟県佐渡市】

両津港からレンタカーを借りて60分程度でアクセス可能。

あげしま水族館の感想(+撮影した写真)

水族館。

そこは非日常を求め訪れし者が集い、日焼けした魂を癒す束の間の安息地である。

トリ

ン?ナンダ?

時間や社会に囚われつつ現実逃避に走るとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。
誰も邪魔せず気を遣い、水生生物を至近距離で撮影するという孤高の行為。
この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである。

トリ

エ? ナニ? テカ本当ニ水族館ナノ?

水族館の全貌を暴く

ということで水族館と書いてあるので水族館のはずである。

水族館、もとい資料館、あるいは展望室。なんだ?

トリ

ナニコレ!

その全貌はコの字型に歩いて20秒ほどで通過できる。そういうサイズ感の施設である。

ヒガンフグがいきなりいる。

ウスメバル。このつい一時間ほど前にメバルを食べた筆者との対峙である。

なにやら投げやりなヒラメの展示。

ウニ。そうウニである。

トリ

オーナニコレ

なぜか透明骨格標本の展示がある。

ヒトデ。詳細はわからん(すいません)。

タコ vs. イカ

筆者が好んでいるタコがいた。マダコである。

マダコ。かっこいい。

そして全国でも珍しいらしいイカの遊泳の展示もある。イカの種類は以下のように季節によって変わるらしい。

MEMO

以下のスパンで年中展示とのこと

  • 1月中旬から5月中旬「ヤリイカ」
  • 5月中旬から9月中旬「スルメイカ」
  • 9月中旬から 翌1月中旬「アオリイカ(スミイカ)」

トリ

へー

スルメイカ。イカの遊泳の展示は珍しいとのこと。

季節ごとにイカの種類が変わるそうだ。

しばらくするとタコが動き始めたのでしばらく互いに張り付く。

トリ

ゲ! タコバッカジャン!

とまあ、流石に小さい水族館(?)なのであまり頑張って書くことがないのであった。

タコの写真ばかり残っていたので大放出である。

まとめ

タコやイカが好きなら来てみてもいいかもしれない。

トリ

雑!

尖閣湾揚島遊園の感想

ということでおまけの水族館もそこそこに、筆者は船へ乗り込んだ。

トリ

ン? 他ニモアルノカ?

海中透視船に乗り込む

海中透視船なる船で近海の海の底をみて回れるのである(乗船時は入園料が1100円になる)。

海中透視船は3月中旬から11月下旬まで就航しているとのこと。所要時間は15分。遊覧コースは全国渚百選なるものに選ばれているそうな。

割と細かく出航しており、待ち時間は少なかった。

12名くらい乗れる透視船。ウミネコがたくさんいる。そして岩と木の感じがすでにいい感じである。

トリ

鳥ガタクサン!

客席はこんな感じ。向かい合って座り、中央のそこにある窓から海中の様子が楽しめる。

船長さんは前で操縦する。そしてかっぱえびせんは鳥の餌である。

トリ

(カッパエビセン食ベタイ)

こんな景色を船で15分ほどまわる。フィヨルドっぽい(適当)。

船底の窓はこんな感じである。底の景色に合わせてやや時代がかった口調の説明音声が流れる。

よく見ると岩の上はウミネコだらけ。

遊仙橋。先に展望台があり尖閣湾の大パノラマが見渡せる。

色々な表情の岩が姿を見せる。かっこいい。

あっという間に15分経ち戻って来た。割と揺れるが特に酔わなかった。

船底はあまり集中して見れていなかったが、新鮮な景色であった。どちらかというと海上の独特なごつごつとした岩に興味が惹かれる筆者であった。

展望台で水平線を一望する

先ほど船から眺めた遊仙橋を渡ると、ちょっと休憩できるスペースとともに展望台がある。

非常に眺めが良い。

とにかく開けた水平線が清々しい。

暑かったこともあり思わず瓶のコーラを飲んだ。うまし。

映画「君の名は」のロケ地ということで、ちょいちょいアピールされている。

トリ

タキクン!

違う。

 

トリ

オー(ワカラン)

水族館の2階には「君の名は」のロケ風景などのパネルを展示しているので興味があれば要チェックである。

まとめ

尖閣湾揚島遊園はダイナミックな景観が楽しめるオススメスポットである。「君の名は」好きにもオススメ。

いやはやあげしま水族館とその周辺、面白いものである。

トリ

ミンナデイコウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください