【カメラ】SONY RX100M6を開封した【シリーズ間の外観比較】

RX100M6開封アイキャッチ

筆者が愛用するコンデジRX100M4の後継機(の後継機)RX100M6が発売された。

まず目につく変更がズームでカバーできる範囲である。RX100M4が「24-70mm」だったのがRX100M6では「24-200mm」と望遠も結構いけちゃうようになったのである。

シンプルながら大胆な変更に思わず乗り換えを決意した次第である。

※ただし解放の絞りがF1.8からF2.8へスペックダウンしているためここら辺は好みの出るところであろう。筆者は一眼のサブとして使うことが多いため望遠が強化されているところに惹かれた。

ということで注文したものが届いたので開封したという話である。

トリ

フーン

SONY RX100M6を開封した

とりあえず開封した

早速箱を開けてみた。

トリ

取リ敢エズワクワク
RX100M6の箱

届いた。

RX100M6の箱を開けた。

開けた。

RX100M6の箱の中身を並べた図。

内容物はこんな感じ。筆者が持っているRX100M4とほぼ同じようである。筆者はハンドストラップ派である。

トリ

オー!シンプルデカッコイイ!

並べて比較してみる

ということで持っていたRX100M4と並べてみた。

正面から見てみる

別売りのグリップの有無はともかくとしてぱっと見そんなに違いがわからない。

RX100M4とRX100M6を並べる。

右がRX100M6。左のRX1100M4にはアタッチメントグリップをつけている。

よく見るとレンズのカバー部の機構が変わっているようである。

上から見てみる

上から見てみる。RX100M6(右)の方がレンズ部分が数mm出ていた。

上から見るとRX100M6の方がわずかにレンズの部分が出ていた。まだ実際に持ち歩いて使ってはいないが、おそらくポケットやカバンに入れたりで微妙に違和感が出そうな予感。

トリ

ソンナ影響アルノカ?

もともとポケットにギリギリ入るサイズなのでやや心配なところである。

後ろから見てみる

背面から見るRX100シリーズ

操作性も変わらないようである。ボケててすいません。

ボタンやダイアルも特に変化はなさそうである。

MEMO
こんな症状になることがあるメモ

ちなみに写真手前のRX100M4は2年くらい使った後に充電時に使うUSBのフタのツメが折れてしまっていて閉まらない。

更につい最近、ケツポケットに入れてしゃがんだりしていたら圧力のせいか液晶の中心が何やら変な感じになってしまった(撮影にはほぼ影響はないが)。くれぐれも気をつけるべし!

トリ

アチャー

特に後者は手放そうかななどと考え始めた矢先の失態にひどくがっかりした次第である。

まとめ

最新機種RX100M6の見た目は相変わらず安心のRX100シリーズである。

明日から早速撮影しに出かけようと目論む筆者である。使い勝手や撮った写真を紹介できればと考えている。

 

いやはや、それにしてもRX100シリーズ、面白いものである。

トリ

写真楽シミ

RX100シリーズ紹介アイキャッチ【カメラ】SONY RX100シリーズの紹介【おすすめのコンデジ】

↓テレ端で撮影したサンプルあり。大盛り上がりのライブ会場でもなんとか撮れる!

ライブレポートGANG PARADE@夏の魔物2018 in TOKYO【ライブレポート】GANG PARADE@夏の魔物2018 in TOKYO【写真多め】 Amazonおすすめグッズ・カメラ【Amazon】買ってよかったもの【カメラ編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください