富士そばに赴け 食券券売機・注文方法攻略

日本が誇るファストフードと言えばそばである。

トリ

ん?なんだ?

早い安い日本の心が吹き抜ける、と三拍子揃い踏みである。

トリ

ふーん(なに言ってんだこいつ)

それを体現し続けるチェーン店が富士そばであろう。

トリ

あ、食券買うの戸惑うお店!

駅近24時間営業がデフォルトな富士そばを嗜むのはもはや現代人の必須スキルと言えよう。

トリ

ふーん(なに言ってんだこいつ)

ということでこの記事では、そんな富士そばでの食券の購入・および注文方法を紹介したい。

富士そばの注文方法に迫る 食券券売機・注文方法

速習・食券購入から注文まで

という事で早速注文方法を記す。

ただし店舗によって微妙に異なる場合があるためご了承いただきたい

トリ

おおまかに抑えておこう!
STEP.1
食べたいそばを決めておくべし
 事前に食べたいそばを決めておくこと。

トリ

そこから!?

いざ食券を買う際に焦らないポイントはここに尽きるだろう。

ということでメニューは何となく把握しておくと吉。

参考 メニュー名代 富士そば
MEMO
公式のメニュー以外にも店舗ごとのメニューがあるため、臨機応変に対応すること
STEP.2
富士そばに行くべし
 目的の富士そばに行く。

トリ

まあ行くよね
参考 店舗のご案内名代 富士そば
STEP.3
券売機と向き合うべし
冷静に向き合うこと。

トリ

後ろに人が並んだとたん焦燥感にかられる…!
STEP.4
食べたいそばを選択

焦って悔いの残る選択をしないように自分を保つこと。

トリ

ほうれん草たべたい

ここでトッピングやほうれん草などの食券も買っておく。

MEMO

券売機によってはトッピングのボタンが用意されていないこともある。

その場合は注文口にて現金で頼もう。

STEP.5
注文受付口にて食券を提示すべし

このときそばうどんか伝える。

トリ

あ、うどんもあったのか

そしてSTEP4に記した通り天ぷら・コロッケなどのトッピングは、ここで現金を渡しながら注文も可能な場合がある

トリ

これは店舗によって違うかも
STEP.6
呼ばれたらそばを受け取るべし

トリ

いただきます!

ということで富士そばでの注文の流れであった。

 

ちなみにある日の筆者の注文例は以下の通りである。

富士そばの注文例

きつねそば(食券)に天ぷらトッピング(現金)、そしてほうれん草(食券)、そしてそば湯(無料・セルフサービス)。ほうれん草もそばに乗っける派。こんな組み合わせだと600円。

MEMO
天ぷらはそばに乗せないでもらうことも可能。
MEMO
ほうれん草には単独でそばのつゆをかけてもらえたりする(これも店舗によるのかもしれない)。

食券の券売機のボタンの並びの予習をすべし

基本の並び

ざっくり見方を覚えておくと応用がきく。

富士そばの食券券売機

都内某所の富士そばの券売機。食券の券売機はだいたいこんな感じでボタンが並んでいる。

左側が見切れているが、上から順に以下のような並びのことが多いだろう。

  • おすすめメニュー
  • セットメニュー&ご飯もの
  • 暖かいメニュー
  • 冷たいメニュー
  • トッピングその他

おすすめは意外と見落としがち

注意

最上段のおすすめメニューは、券売機内のボタンの秩序からやや外れているため意外と見落とすことが多い。

落ち着いて探すべし。

トリ

ボタンでかいけど見落としがち!

【Suica・PASMO】交通系電子マネーなどが使える機種が導入されている場合も

場合によっては以下のようにSuicaPASMOが使えることもある。

交通系電子マネーが使える富士そば券売機

交通系電子マネーが使える機種

トリ

スピードを求める勢には電子マネー助かる!

トッピングが省略されている場合もある

上の券売機の画像はよく見ると天ぷら等のトッピングが省略されている。

恐らくスペースの問題なのだろう。

そういった場合は注文口で現金を渡しつつ注文する。

富士そばの食券受付口

食券受付口にディスプレイされる天ぷら。現金での購入も可能になっていることがある。

おわりに

まとめ

ということで富士そばでの注文方法はこんな感じ。

  1. 何を食べるか決めておく
  2. 冷静に食券を買う
  3. 毅然として食券を提示する
  4. 目的のそばを受け取る
  5. いただきます

トリ

おいしいぞ!

おまけ そば湯ももらえる

富士そばのそば湯ポット

そば湯が提供されている。

食事の際にはそば湯を飲むことができる。

なにやら健康にいいそうなので是非いただきたいところである。

トリ

へー

おまけ 富士そばのインテリア

富士そばの謎インテリア

さらにおまけ。富士そばにある謎の竹オブジェである。

トリ

なにこれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください