軍艦島(端島)の行き方と感想【ツアー選定のコツと上陸失敗談】

ふと思い立ち、先日現実逃避のために軍艦島へ行ってきた。

平日に数日間のまとまった休みが取れたのである(ゴールデンウィークに出社した分の休みである)。

トリ

フーン(社畜ノクセニ)

この記事ではその時の行程を振り返りつつ、行き方について記す。

これから軍艦島上陸を目論む方々の参考になれば幸いである。

ちなみに筆者は上陸に失敗した。

トリ

マジカヨ!

軍艦島(端島)の行き方

1. 軍艦島上陸までの大まかな流れ

STEP.1
旅程を決める
いつ行くか決める。
STEP.2
軍艦島のツアーを選定する ★POINT
どのツアーを利用するか決めて申し込む。

5社選択肢があり、大体4000円程度かかる。

STEP.3
長崎へ向かう
どうにかして長崎県に行く。
STEP.4
ツアー集合場所へ向かう
各ツアーの集合場所で受付をする。
STEP.5
船で軍艦島へ向かう
万全を期して船に乗り込み軍艦島へ。

2. 知っておいた方がいいこと3点

軍艦島上陸を目指すにあたり知っておいた方がよさげな項目3点を以下に提示する。

1.ツアー参加が必須

注意
現在軍艦島へはツアーによる上陸しかできないのである。
予約が必要になるので気をつけるべし。

トリ

ソウナノカ

2.服装は動きやすいもので 傘は持ち込めない

注意
服装は動きやすいもので。草履ハイヒール等は上陸させてもらえないこともある。また傘や日傘の持ち込みは禁止

トリ

へー帽子ナンカハアッタホウイイカモネ

3.確実に上陸できるとは限らない

注意
海面の状況や天候によっては、確実に上陸できるとは限らない

状況次第で島の桟橋の利用が禁止される。基準は以下の通り。

  1. 風速が秒速5メートルを超えるとき
  2. 波高が0.5メートルを超えるとき
  3. 視程が500メートル以下のとき

※上記範囲内でも船長の判断次第では桟橋が使えないこともある。

意気込んで赴いた筆者だったが冒頭記した通り、上陸が叶わなかった。

天気は悪くなかったのだが、思いの外海面のうねりが強かったのである……。

心構えを持って臨むべし。

トリ

ゲ! マジカ!

3. 各ツアーの基本的な情報

ツアーの実施が許可されている業者は全部で5社。いずれも予約が必要となる。

取り敢えず料金とツアーの所用時間開始時間、大まかな集合場所は以下の通り。

ツアー会社

やまさ
海運

軍艦島
クルーズ

シーマン
商会

軍艦島
コンシェルジュ

第七
ゑびす丸

料金

¥4,200
※ WEB早期予約の
 割引あり

¥3,600

¥3,900

¥4,000
※ 土日祝日繁忙期は 
 ¥500増し
¥24,000
※ 1隻4名までの料金 詳細はHP
出航時間

午前便 9:00
午後便 13:00
午前便 9:10
午後便 14:00
午前便 10:30
午後便 13:40
午前便 10:30
午後便 13:40
午前便 10:00
午後便 15:00
所要時間 2時間30分 3時間10分 2時間30分 2時間30分 1時間30分
船の定員 225名 200名 120名 200名 20名
集合場所 大波止 大波止 大浦海岸通 大浦海岸通 野母崎
注意
ツアー参加にあたり、軍艦島の上陸料が別途¥300かかる。

ちなみに集合場所の大まかな位置は以下の通り。

大波止・大浦海岸は市街の交通機関で長崎駅から10分前後。野母崎はバスで1時間ほどかかる。

トリ

野母崎遠イナ

4. 各ツアーの特色

特色は以下の通り(1社しか利用していないため、正直よくわからん)。

トリ

オイ

ちなみに筆者が利用したのは軍艦島コンシェルジュである。実際に参加しての感想は次項にて紹介する。

やまさ海運

  • 歴史がある(観光解禁後初上陸したのがやまさ海運)
  • 上陸後に島の周りを船で一周するから裏側も見れる
  • 船が一番でかい

予約ページ

軍艦島クルーズ

  • ツアー所要時間が最長
  • 長崎市高島石炭資料館の見学がセット

予約ページ

シーマン商会

  • NPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」の理事長(元島民)が専属ガイド
  • 本物の石炭がもらえる
  • 上陸できなかった場合は高島へ寄港できる

予約ページ

軍艦島コンシェルジュ

  • 高い上陸率を謳っている
  • 船の各フロアに大型モニタがあり、予習がしっかりできる
  • 船上でも熟練ガイドさんが説明してくれる
  • 船が酔いにくいらしい(筆者は酔わなかった)

予約ページ

第七ゑびす丸

  • 1社だけ野母崎から出航(軍艦島から近いため乗船時間が短い) 
  • 元島民のガイドさん
  • 少人数のツアーなため、いつでも質問ができる

予約ページ

トリ

フム(石炭ホシイ)

5. ツアー参加の感想(写真多め)

ということで、軍艦島へ赴くにあたり筆者は軍艦島コンシェルジュへツアーの申し込みをした。道中の写真を交えて紹介する。

選定した理由は上陸率の高さを謳っていたため。

結果上陸はできなかったが、こればかりはしかたがない。

以下にツアーのよかった点を記す。

よかった点

  • 上陸できなくても充実の内容
    船上からの景色だけでもかなり楽しめた
    モニタで予習用の動画がいろいろ見れる
  • 上陸できなかった代わりにデジタルミュージアムを無料で観覧できた
    オープンしたて(2018年4月)できれい
    VRは見応えあり(今は立ち入れない島内の区域を体験できる)
  • 船酔いしなかった

トリ

上陸デキナクテモ意外ト楽シメソウ

参加したときの状況

  • 参加時期は6月なかば
  • 当日の天気は曇り(前日は雨)
  • 平日の午前の部に参加

当日朝は大波止のビジネスホテルから徒歩で向かった。15分程度で集合場所の建物に到着。

長崎の市街は意外と歩けるので時間や体力に余裕があれば歩くのもいいだろう。

(もはや交通機関を調べるのがめんどくさかっただけとも言える)

トリ

オイ

受付は余裕を持って済ませるべし

まず受付である。

クレジットにて料金は支払い済みだったため、誓約書を記入し、見学者証を受け取って終わり。

この日は参加者が少なかったためすぐ済んだが、休日は混雑するかもしれないので余裕を持って集合することが推奨される。

見学者証を受け取る。

ついでに船酔いを抑えるための飴玉がもらえた。

受付の建物にはグッズやお土産が置いてあるので少し時間つぶしができる。

また建物にはトイレがあるので済ませておくべし。

トリ

船ニモトイレハアルヨ

船に乗るときはプレミアムチケットが優先

乗船待ちに撮影したマーキュリー号。

平日で参加者が少なめだったからか、定員140名のマーキュリーという船に乗った。

軍艦島コンシェルジュでは、この船以外にも定員200名の船もあるそうである。

ちなみにこの日参加者は50名程度。ご年配のグループや外国からの旅行者が多く見られた。

プレミアムチケットなる優待付きの高いチケットで参加されている方々が優先的に乗船する。

普通のチケットで参加した筆者だったが、人数が少なかったため席にもかなり余裕があり、開放的な2階席の海側という良い席に座れた。

休日となると混むことが予想されるため、船内からの景色が見えづらい席になることも考えられる。

平日の旅行は実に良いものである!

トリ

モウ一生平日ニハ行ケナイカモナ!

マーキュリー号2階の前方に設置されたモニタ。ここに各種予習動画が上映される。

トリ

ガイドサンハ1階デ話スケド、スピーカーカラ話ガ聞コエルヨ

船での移動中は見所が多い

世界遺産のジャイアント・カンチレバークレーンをはじめとし、かなりでかい機械が間近にあり見応えがあった。写真多めで紹介する。

ジャイアント・カンチレバークレーンと稲佐山

灰色の船

でかい

トリ

造船所カッコイイネ

小さく写っているが、神ノ島のマリア像は5mあるそうな。

女神大橋。長い。

徐々に沖へ向かい。船の速度も増す。

小さな灯台。なにやら印象的だった。

いよいよ軍艦島が見えてくる。

軍艦島到着

明らかに異様な雰囲気の島がそこにあった。

到着すると一旦裏側へ回り込む。

そこからの見た目が最も軍艦のように見える方向だという。

回り込んで裏からみた軍艦島。本当に軍艦のよう。

トリ

ナニコレ!スゴイ見タ目ダナ

朽ちたコンクリート。どれも建物としての寿命は過ぎている。

神社も見える。

元学校である70号棟は工事中だった。最上階は崩壊が近いとガイドさんが話していた。

波が思いの外強い。なにやら不穏である。

移動中はそこまでわからなかったが、海面が大きくうねっていた。

船長さんが一旦上陸し、必死に船を停めようとしてくれていたが上陸はかなわず。

船長さんが接岸を試みるも……。船が最大2m上下していた。

しかしなんとも美しい。現実離れした空間がそこにあった。

ということで港へ引き返すことに。

トリ

サスガニ残念ダナ

ちなみに帰り道に支払い済みの上陸料300円が帰ってきた。

その直後に船内販売として軍艦島アイスが300円で販売される。

なにやら悔しいので筆者は食べなかった。

しかしながら特製カステラに挟んであるアイスはなかなかに美味しそうだったこともここに記す。

トリ

スナオニ食ベナサイヨ

軍艦島デジタルミュージアムは時間があればオススメ

上陸できなかったということで、軍艦島デジタルミュージアムの無料入場券をもらえた。

軍艦島デジタルミュージアムは、下船した場所から徒歩4分ほどの場所にある新しい施設である。

2018年の4月20日にオープンしたばかりであり、行ってみるとなかなかに見応えがあった。

特にすでに立ち入ることのできない島内の区域をVRにより擬似的に移動しながら見渡せる展示は良かった。

またアート寄りの展示から学術的な展示まで幅広く、しっかり観るとかなり時間がかかる。

時間と興味があれば是非、と行ったところ(普通に入ると結構高い)。

トリ

VR楽シソウ!

軍艦島デジタルミュージアム

HP

  • 営業時間 9:00 – 18:00
  • 入場料 一般 1,800円

※ちなみに上陸できなかった際にセットプランだった場合にどうなるのかは、事前に問い合わせたほうがいいかもしれない。筆者がツアーに参加した際にもこの状況の方々がいらっしゃったが、ガイドさんに問い合わせた際にすぐに答えが出てこなかったようだった。もしかしたらルールの整備ができていないのかもしれない(2018年6月に筆者がチラ見した情報)。

さらに高まる写真集

帰宅後、上陸できなかったモヤモヤから筆者は軍艦島の写真集の購入に走った。

結果として、かなり良かったことをここに記す。と同時にやはり上陸したかったという思いが強まるのであった。

ちなみに悔しさのあまり2冊購入してしまったので簡単に紹介したい。

軍艦島全景

軍艦島の全貌に迫る一冊。建物一つ一つについて詳説されており、当然写真付きである。資料的価値も高そう。
ちなみに2008年に出版されており、70号棟の最上階がまだ崩れていない状態だったりと、今島を観るとその変遷も体感できる。

THE ISLAND

2018年出版。帯の言葉「この町には耳をふさぎたくなるほどの静けさがある」という言葉の強さにぐいぐい惹かれて手に取った次第である。これまた軍艦島全景とは別の角度で圧巻の写真集である。

構成が実に素晴らしい。
この写真集には各写真に不思議な、それでいて力強い言葉が添えられている。それらは通して1つの詩のようでもある。軍艦島のことを語っているようであり、唐突に自分の生活する街に目を向けさせるような強引なほどの言葉にドキっとさせられる。

この詩のような言葉は、島のある場所に一時期書き殴られていた落書きだったというのである。そのことが記された作者のあとがきでハッとさせられ、さらに巻末に実際の落書き(今はもうないらしい)の写真が掲載されており衝撃を受ける。

写真も美しくかなりのおすすめである。

まとめ

以下のことの留意し、軍艦島を目指すべし。

  • 軍艦島上陸にはツアー参加が必須
  • 動きやすい服装で・傘は持ち込み不可
  • 上陸できなくてもかなり楽しめる
  • 写真集を観ておくと期待が異様に高まるだろう

上陸できなかったのは非常に残念だった。しかしそれにしても現実逃避には最適である。

かつてそこにいた人たちの日常の場が、今や我々に対して圧倒的な非日常と化している。

軍艦島、面白いものである。

トリ

イツカ上陸デキルトイイナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください