【人間椅子を聴くべし】vol.12「踊る一寸法師」【オススメ・ライブ定番曲の紹介】

人間椅子・踊る一寸法師・定番とオススメ

人間椅子を聴くべし
このシリーズは、これから人間椅子を聴いてみたい・人間椅子のライブに行ってみたいと考えている全ての人へ向けたアルバム紹介の記事である。

 

加えて、都内のワンマンライブには2011年からほぼ欠かさず通っている筆者が、アルバムにおけるライブ定番曲も紹介する。

 

人間椅子の恐ろしくカッコ良い音楽に触れるきっかけになればと願ってやまない。

トリ

かっこいいぞ!
人間椅子オススメと定番紹介まとめ【随時更新】まとめ・人間椅子を聴くべし

人間椅子を聴くべし vol.12「踊る一寸法師」定番・名曲多し!永らく入手困難だった幻の5枚目

踊る一寸法師 収録曲

1995.12.10 Release

 

01. モスラ
02. 暗い日曜日
03. とだればち
04. ギリギリ・ハイウェイ
05. エイズルコトナキシロモノ
06. 羽根物人生
07. 三十歳
08. 時間を止めた男
09. ダイナマイト
10. 踊る一寸法師

必修曲

ダイナマイト

暗い日曜日

どだればち

踊る一寸法師

アルバムの特徴 踊る一寸法師

踊る一寸法師、遂に配信解禁!

もはや幻と言われ久しかった踊る一寸法師がこの度配信にて今一度世に出回り始めたのが2018年10月24日のことである。

人間椅子公式のツイートより

インディーズとしてリリースされ、ここ何年かはプレミア価格的に高騰しすぎて入手困難になっていたのである。

この配信解禁は全人間椅子ファンにとって朗報と言えよう。

トリ

CDもまじで再発して欲しい!

ちなみにアルバム・タイトルは江戸川乱歩の同名小説『踊る一寸法師』からである。

またジャケットの一寸法師フィギュアは「黄金の夜明け」や「怪人二十面相」のジャケットのイラストでもお馴染みの漫画家大越孝太郎氏によるものである。

MEMO
余談だが大越氏と人間椅子は交友があり、大越氏の名作「猟奇刑事マルサイ」には和嶋氏が帯にてコメントを寄せている。そしてその収録作「人間按摩椅子」にて倒錯した椅子職人・和絞というキャラクターが和嶋氏に酷似していたりする。

他にも「不思議庭園の魔物」という短編集にて、和嶋氏の幻想小説風な文章が収録されていたりする。

トリ

必見!

定番曲・名曲多し!

入手困難だったものの曲自体はライブでもよく演奏される定番曲や、必聴の名曲が多い。

どだればち踊る一寸法師は筆者はかなり好きである。

また本作から土屋巌氏がドラムとして参加している。作詞及び歌唱をメンバー3人で担当した曲三十歳もなかなかに味わい深い。

踊る一寸法師の収録曲紹介

ライブ定番度の目安

★★★:かなり聴ける!必修曲。

★★☆:ちょいちょい聴く!

★☆☆:レア気味。

☆☆☆:公認のレア曲

※筆者の感覚的な尺度なのでご了承いただきたい!

01. モスラ

ライブ定番度:★☆☆
ボーカル:鈴木氏

アルバムの最初を飾るのはその名のとおりモスラの曲である。

不穏な胎動感じさせるリフが良い。筆者個人的にはかなり好きな曲の1つである。

トリ

モー♪スー♪ラー♪

02.暗い日曜日

ライブ定番度:★★★
ボーカル:和嶋氏

なんとも薄暗い気持ちになれる名曲。不思議な響きのリフが良い。現在もよくライブにて聴ける定番曲である。

ソロが非常にカッコいいので要チェックである。

どんよりとしつつ、焦燥感に溢れている。

トリ

行かなくちゃ♪行かなくちゃ♪

03.とだればち

ライブ定番度:★★☆
ボーカル:鈴木氏

確実にロックながら日本的な土着性を感じる粘っこいリフと津軽弁オンリーの詞が孤高すぎる。

日本人がロックをやるというところの本質すら垣間見える気がする最高の一曲である。

聴きまくるべし!

トリ

もっこもでてくる!

04.ギリギリ・ハイウェイ

ライブ定番度:★☆☆
ボーカル:和嶋氏

ぶっとんだビジュアルイメージが舞い込んでくるドライブソング(?)。大晦日から元旦にかけて聴きたい一曲である。

トリ

そうなの!?

05.エイズルコトナキシロモノ

ライブ定番度:★☆☆
ボーカル:鈴木氏

不穏な吸血鬼ソング。鈴木氏の訥々とした歌唱が非常に良い。

テンポアップする展開でのギターソロは音使いが面白い。

トリ

しろーもーのー

06.羽根物人生

ライブ定番度:★☆☆
ボーカル:鈴木氏

フォークソングというか軍艦マーチ的な曲。和嶋氏の枯れたようなブルースハープも堪能できる。

羽根物とはパチンコの台の種類のことだとか。ということでギャンブルシリーズとも言える。

トリ

アンプラグドな雰囲気

07.三十歳

ライブ定番度:★☆☆
ボーカル:メンバー全員

メンバー各位が作詞してボーカルをとった一曲。リフとギターの音色がカッコよく三者の声色の違いも面白い。

トリ

歌詞に味がある!

08.時間を止めた男

ライブ定番度:★☆☆
ボーカル:鈴木氏

男シリーズ(?)の先駈け。なかなか緊迫した趣のメロディがカッコ良い曲である。

2分にわたるアウトロのアルペジオも哀愁に富み、いやはや聴かせる曲である。

トリ

渋い!

09.ダイナマイト

ライブ定番度:★★★
ボーカル:鈴木氏

スピード感が半端ないギャンブルシリーズの一曲。ライブでも定番・おお盛り上がりである。

MV集発売にあたりダイナマイトのMVが発掘されたわけだが、比較的最近(2010年くらい)からのファンである筆者には鮮烈であった。鈴木氏の肉体的な変化が見て取れるだろう。

筋肉少女帯にもカバーされている楽曲である。

トリ

焦燥感が半端ないぞ!

10.踊る一寸法師

ライブ定番度:★★☆
ボーカル:鈴木氏

最凶のへヴィチューン・踊る一寸法師である。必聴すぎる。

ブラック・サバスリスペクトと言える、どんよりしまくりなリフと鈴木氏のおどろおどろしいボーカル、和嶋氏が弾き倒す圧巻のソロ、そして最高すぎる鈴木氏の笑い声と全く死角がない。

余談だが、初めてライブで聴けたときにこの曲が好きすぎて興奮して微妙に泣いた筆者である。

トリ

(やべーやついるな)

おわりに

という事で人間椅子の踊る一寸法師の紹介であった。

遂に配信が解禁されたので是非チェックされたし!

 

いやはや、それにしても踊る一寸法師、面白いものである。

トリ

みんなで聴こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください