【本の紹介】呪みちる「顔ビル/真夜中のバスラーメン」を読んだ!【ホラー漫画】

本の紹介記事・無駄なことを続けるためにの感想

ホラー漫画の名手、呪みちる先生による新作短編集「顔ビル/真夜中のバスラーメン」が2018年8月29日に発売された。

筆者は呪先生の短編が非常に好きなため久しぶりに作品集が出版され嬉しい限りである。

ということで紹介したい。

トリ

おー! 呪先生の新作!

顔ビル/真夜中のバスラーメン を読んだ!

顔ビル/真夜中のバスラーメン
 

収録作品

  1. 秘密のダイエット
  2. 顔ビル
  3. 第3京浜の追跡者
  4. 宇宙耳かき
  5. ヤキトリ奇談
  6. アメリカのコート
  7. 真夜中のバスラーメン
  8. 地下街の怪
  9. ピアスの白い糸
  10. 雲脂肥育法
  11. 七色の脳みそ

トリ

収録数多いのも嬉しい

恐怖 × 生理的嫌悪感

本作の特徴として、肉体や食をテーマとした作品が多く並んでいる。

あまりに身の内に対するテーマなだけに、ともすれば身につまされて恐ろしいことこの上ない!

それは無理! それも無理! という多角的な生理的嫌悪感の応酬にぞわぞわすること請け合いである。

しかしながらそこも含めてエンターテイメントとして成り立っているのが本当に素晴らしい。

各話タイトルからわかる部分もあるが、扱われるテーマとしては次のようなものがある。

  • ダイエット
  • ヤキトリ
  • ピアス
  • ラーメン
  • 耳掻き
  • 雲脂
  • 添加物

トリ

お、おお。呪先生が作るとなると、結構やばそうな話ありそうだな

これらのワードからなにやら何が起きるか想像できてしまうような、しかし全くそうはいかない作品群に仕上がっている。

耳掻きの話なんかはまじで想像を超えてて慄いた次第である。

各話紹介

呪みちる先生の作品の一番の魅力は短編作品としての構成の妙ではないか、と筆者は常々感じている。本当に読み手の想像力の2、3歩先を行く展開には驚かされるばかりである。これは本作でも健在である。

トリ

ハッとさせられる話が多い!

と言うことで、ごく簡単に各話を紹介する。気になったら是非手に取って読んでいただきたい。

秘密のダイエット

偏執的にダイエットに固執する女性がついに手を出してしまう手法とは!?

まじで生理的にきついので注意されたし。結末もかなりきつい。

顔ビル

表題作。おかしみのあるテーマだが、呪先生にかかればこの通りである。

第3京浜の追跡者

スピード狂の怨念!

宇宙耳かき

奇想の塊。至高の耳かきが人類に進化をもたらす!

ヤキトリ奇談

ヤキトリを喰い散らかす年下の美人課長が可愛い。

アメリカのコート

不意におかしなものを手に入れてしまう恐怖!

真夜中のバスラーメン

これまた表題作。確かにこう言う場所がありそうだなと想像してしまう。人形というのはともすれば恐怖に結びつくのは不思議なものである。

地下街の怪

都市伝説モチーフの怪奇譚。虚を衝く構造が見事。

ピアスの白い糸

これもよく聞く都市伝説をモチーフにしている。描写が怖い。

雲脂肥育法

生理的に厳しい内容のようでいて、なんともコミカルである。主人公も変人で最高である。ラストも良し。

七色の脳みそ

これも都市伝説に基づいた話である。オチの狂気にはゾッとする。

 

紹介は以上である。

トリ

割と雑!

まとめ 顔ビル/真夜中のバスラーメン

呪みちる先生の「顔ビル/真夜中のバスラーメン」は生理的な嫌悪感も掻き立ててくるホラー漫画短編集である。ホラーファンはもちろん、あまり馴染みのない方も現実と隣り合わせの非現実を味わいたくば手に取るべし!

 

いやはや、それにしても呪作品、面白いものである。

トリ

みんなで読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください