【筋肉少女帯人間椅子】地獄のアロハ LIVE 2015 at 渋谷公会堂が面白すぎる【ライブ映像】

筋肉少女帯人間椅子・地獄のアロハLIVE 2015 at 渋谷公会堂映像作品レビュー

退屈な時、こんなことを感じることはないだろうか?

「地獄でも開かねぇかな?」

トリ

ないよ!

ということでそんなときに最適な映像作品がある。

地獄のアロハ LIVE 2015 at 渋谷公会堂」である。

トリ

筋肉少女帯人間椅子!

【筋肉少女帯人間椅子】地獄のアロハ LIVE 2015 at 渋谷公会堂を観るべし【コラボ】

地獄のアロハ LIVE 2015 at 渋谷公会堂はどんなライブ映像? 奇跡的密度のコラボ!

筋肉少女帯人間椅子「地獄のアロハLIVE 2015 at 渋谷公会堂」は2015年6月7日の筋肉少女帯、人間椅子、そして筋肉少女帯人間椅子のライブを収めた映像作品である。

トリ

コラボ!

驚異の新人「筋肉少女帯人間椅子」としてコラボシングル「地獄のアロハ」を出した勢いでライブまで敢行してしまったのは、人間椅子と盟友たる筋肉少女帯である。

メタルおすすめ筋肉少女帯人間椅子・地獄のアロハ【メタルつまみ食い vol.11】筋肉少女帯人間椅子「地獄のアロハ」【オススメ】

筋肉少女帯と人間椅子のツボをついたリストのライブを堪能したうえでコラボもかなりの充実度を誇る名作となっている。

お互いの曲のカバーあり、往年のハードロックカバーあり、見どころ満載である。

トリ

二組の仲の良さがにじみ出てていいよな!

地獄のアロハ LIVE 2015 at 渋谷公会堂の内容

人間椅子

1. 新調きゅらきゅきゅ節
2. 地獄への招待状
3. 少年、グリグリメガネを拾う
4. なまはげ
5. 死神の饗宴
6. 相剋の家
7. 蜘蛛の糸
8. 人面瘡
9. 針の山

筋肉少女帯

10. サンフランシスコ
11. ダイナマイト
12. 日本印度化計画
13. 混ぜるな危険
14. 労働讃歌
15. 踊るダメ人間
16. イワンのばか

筋肉少女帯人間椅子

17. Iron Man
18. 日本の米
19. 君は千手観音
20. Detroit Rock City
21. 地獄のアロハ
22. りんごの泪
23. 釈迦
24. 地獄のアロハ (Heavenly Version) (アンコール)

特典映像 地獄のアロハ・ドキュメンタリー

2015.2.22
Pre-production

2015.3.1   
Recording

2015.3.12
Still & Movie 撮影

2015.5.17
筋肉少女帯人間椅子 結成記念トーク&アコースティックミニライブ タワーレコード渋谷店「CUTUP STUDIO」

 

トリ

充実しすぎ!

地獄のアロハLIVEの見どころ

ビジュアルの衝撃 筋肉少女帯人間椅子は絵面強すぎ

ジャケットを観てもお分かりの通り、もはや意味が分からに迫力に満ちている。

これが驚異の新人(当時)筋肉少女帯人間椅子である。

この得体のしれない胡散臭さを他ではなかなか味わえないだろう。

トリ

なんかすごいよ!

さらにエディこと三柴氏がサポートキーボードとして加わり、本編ラストでは筋肉少女帯のサポートドラムの長谷川氏も加わる超大所帯バンドになる。

トリ

ツインドラム! 音がでかい!

ギター3人、ベース2人、ドラム2人、キーボード1人、そしてオーケン氏である。

お互いの曲のカバーとコラボ グリグリメガネとダイナマイト、日本の米 そして千手観音

すでにシングルに収録されている互いのカバー曲も当然演奏される。

どちらも互いの持ち曲のごとき馴染み方をしているのがすごい。

トリ

どっちも似合ってるんだよな

そしてコラボコーナーではオーケン氏最初期の曲、それこそ「何年も心を込めて歌ったことがない」ほどの曲である「日本の米」が演奏人間椅子・歌オーケン氏で披露される。

そして立て続けに「君は千手観音」も演奏される。

トリ

おいちゃんを呼び忘れるオーケン!
MEMO

君は千手観音は作詞:みうらじゅん、作曲:人間椅子でかつて作られた曲であり、オーケン氏がソロでカバーもしている曲である。以前のコラボ企画でも演奏されている。

ハードロックカバー Iron Man と Detroit Rock City

両バンドとも多少のずれはありつつもハードロックを愛するバンドだろう。

ブラック菩薩なる内田氏と橘高氏のユニットに人間椅子が加わり筋肉少女帯人間椅子第一形態としてIron Manが披露される。これがかなり楽しそうで観ていて楽しくなる。

そしてその後に鈴木氏と内田氏のが突如血糊を口から出すパフォーマンスが挟まれ、全員が通過しているというKISSDetroit Rock Cityが演奏される。

トリ

研ちゃんいい声!

演奏がすごい 筋肉少女帯人間椅子でのりんごの泪と釈迦、そしてアンコール

いつものことではあるのだが、演奏が全員うまい。

人間椅子のりんごの泪などはエディ氏が加わることで未曽有のプログレッシブさを演出し内田氏の標準語による語りも実に良い。

釈迦も人間椅子が加わることでいつもと一味違う演奏になっている。

両曲ともに必聴である。

そして最後の最後に2度目の地獄のアロハである。

トリ

Heavenly Version! 長いやつ! リフもたっぷり聴けていいぞ!

まず全員アロハシャツである。そして和嶋氏のスチールギターにあわせてのウクレレで曲が始まる。

トリ

だれもハワイに行ったことがないのにアロハ!

じっくり堪能すべし。

みんなであいさつ

最後に手をつないで手を挙げて礼、という一連のアレを極端に嫌うオーケンである。

しかしこの日の最後の最後に無理矢理やらされるのであった。

そしてなんだかんだで楽しそうである。

トリ

やっぱ見てるだけで楽しい!

おわりに

ということで映像作品・筋肉少女帯人間椅子の「地獄のアロハ LIVE 2015 at 渋谷公会堂」の紹介であった。

筆者は実際に生で観に行ったライブである。

そのときもこれ以上なく楽しかったと感じたものであったが、この映像作品を見返すことで改めてその楽しさがよみがえる。

是非音源とあわせてこちらの映像作品も堪能してほしいものである。

 

いやはや、それにしても筋肉少女帯人間椅子、面白いものである。

トリ

みんなで観よう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください