【ライブレポート】GHOST -DOWNLOAD JAPAN 2019@幕張メッセ

GHOST DOWNLOAD JAPAN 2019ライブレポート

かのメタルフェス「ダウンロード・フェスティバルDownload Festival)」が2019年3月21日に日本初上陸した。

筆者はその日、朝から幕張メッセに赴き日本初のDOWNLOADに臨んだ次第である。

トリ

ふーん(コイツチケット買ったの開催2日前だったけどな)

(いやはや、チケットは大分ずるずると買い忘れてたわけである)

それにしても無事にGHOSTをいい位置で観れたので本当に良かった良かった。

トリ

GHOST!

ということでGHOSTを観た!という話である。

GHOSTを観た! – DOWNLOAD JAPAN 2019

なんとも感無量なライブであった。

筆者がGHOSTを知ったのはここ半年といったところではあるのだが、あるきっかけで曲を知って以来、アルバムを集めて聴きいっていたのだ。

期待しながら一般エリアの最前2列目で待機した次第である。

そして名曲ばかりのリストで興奮した。

トリ

ふむ!リストは次の見出しに載せてるよ!

階段が設置された立体的なステージの背景には教会の内部風の幕が掲げられ、そのステンドグラスにはパパ・エメリトゥスの姿がある(下に公式のフォトギャラリーのリンクがあるので参照されたし!)。

そのなかでシアトリカルに演奏を披露するコピア枢機卿ネームレス・グールズが作り上げるステージは実に妖しく、そしてなんとも華やかであった。

GHOSTを知るきっかけとなった曲Square Hammerがラストの曲だったこともあり、無闇に感動してしまったわけである。

ということでライブの様子を少しでも伝えるべく記す次第である。

GHOSTのDOWNLOAD JAPAN 2019でのセットリスト

  1. Ashes
  2. Rats
  3. Absolution
  4. Ritual
  5. From the Pinnacle to the pit
  6. Faith
  7. Cirice
  8. Miasma
  9. Year Zero
  10. Mummy Dust
  11. Dance Macabre
  12. Square Hammer

トリ

聴きたいやつばっか!

GHOSTを観た

オープニングに聴こえてきたのは、GHOSTの現時点での最新作「Prequelle」の冒頭のインストAshesである。

となると想像するのはアルバムでAshesに続く曲となる。そしてやはり、軽快で力強いドラムに合わせて放たれたのはアルバムのシングルカット曲Ratsであった。待ちに待っていたであろう観客も合わせて「Rats!」と声をあげる。

続く曲は、鐘の音とキメがいい感じのリフが繰り返されて徐々に高まるAbsolutionMeliora収録)である。後半の広がりゆく感じの展開、そしてギターソロがまた良い。

ギターソロの度にコピア枢機卿が観客に拍手を要求する仕草をするのも芝居がかっていて面白い。

イントロの美しいギターの音色に哀愁が漂うRitualOpus Eponymous収録)も名曲である。力強いリフがなんともカッコ良い。

トリ

これのオルガンの音も好き!

なんとも太い音のベースの荒々しいソロフレーズで始まるFrom The Pinnacle To The PitMeliora収録)もまたリフが非常に良い曲なのである。

トリ

心地いいリフ!そこに乗るギターフレーズもいい感じ!

FaithPrequelle収録)はギターフレーズが印象的な一曲。ソロもまた然りで、速く激しかったかと思えば、情緒的でそして妖しい表情もみせる。

CiriceMeliora収録)もまた不穏な雰囲気がたまらない。最も盛り上がりをみせる部分で挟まれる2/4拍子が癖になる。

バンドの演奏を堪能できるインスト曲MiasmaPrequelle収録)ではキーボードの音色がなんとも印象深い。ラストにパパ・エメリトゥス風の老サックス奏者(パパ・ニヒルという存在らしい)が現れてサックスを奏でた。

そしてアルバムInfesissumamよりYear Zeroである。ここで一際大きな歓声が上がった。

この曲はなんとも儀式的な趣に溢れ、筆者も大好きである。MVが何やらすごいので是非観ていただきたい(下の方に披露された曲のMVを貼っておいた)。筆者としてもかなり好き。

Mummy DustMeliora収録)では激しいリフと唸るようなボーカル、そしてピアノの旋律が妖しさを演出する。

ダンサブルな4つ打ちにハードロックなリフのDance MacabrePrequelle収録)では一転して7色(数えてないが)のLEDが色を変えながらディスコチックな空間を作り上げる。

そしてラストはSquare HammerPopester収録)である。他の観客も一際大きな歓声をあげていた。非常にキャッチーなリフが最高すぎる。サビにて厚みをますバンドサウンドが本当にたまらないのである。

ということで、大歓声の中GHOSTの時間は終わりとなった。

トリ

最後までカッコよかった!

公式のフォトギャラリーで雰囲気を味わう

公式のフォトギャラリーは以下から確認されたし。

参考 PHOTODOWNLOAD JAPAN 2019

トリ

GHOSTのムードが垣間見えるぞ!

DOWNLOAD JAPAN 2019で披露されたGHOSTの曲の公式MVを観るべし

Rats

トリ

ラッツ!

Ritual

トリ

このMVはアルバムの宣伝だけの簡素な感じ

Cirice

トリ

いいMV!

Year Zero

トリ

なんなんだこの映像のなんとも不安な、嫌ぁな感じは!

Censoredである。

Dance Macabre

トリ

ダンサブル!

MV冒頭に流れているのがMiasmaである。

Square Hammer

トリ

名曲!

おまけ DOWNLOAD JAPAN 2019の会場の写真

撮影できるエリアにて写真を残してきたので紹介する。

DOWNLOAD JAPAN 2019のラインナップ。1日だとやむなしだが、もっといろんなバンドが名を連ねていたらなーなどと夢想する。これからも日本開催を継続しつつ規模を拡大してもらえたらと願ってやまない。

フロアマップはこんな感じ。VIPは当然対価に見合うだけ優遇されるべきだが、ステージ目の前のVIPエリアが結構でかかった。GHOSTでもなかなかVIPエリアの空き具合が目立っていた。そうなると演者的に微妙なんじゃないかなーなどと余計な心配をした。導線ももうちょいスムーズに出入りできるような工夫があると良かったかもしれない。

タイムテーブルはこんな感じ。

物販。GHOSTを観た後にふらっと行ってみたら空いていた。この時にはSlayerは売り切れてた。

そんな中ギリギリ残っていたGhostTシャツをゲット。ただしMサイズがなかったのでややタイトなSサイズである。

物販の背面は会場である。暖かくなってきたので外で休憩している人も多かった。

会場ではなんとMONSTER ENERGYの無料配布が行われていた。ということでモンスターエナジー好きな筆者歓喜であった。1人1回ということで手の甲にスタンプを押して貰う。ちなみに配布されていたのはキューバリブレというフレーバーである(以前とあるセブンイレブンで安売りされていて大量に買ったのを思い出す)。

おわりに

ということで初上陸したDOWNLOAD FESTIVALにてGHOSTを観た!という話であった。

久しぶりのライブ、久しぶりのフェスは本当に心躍るものがあった。

余談だが筆者はこのSquare Hammer人間椅子によるカバーで聴いたのが、初GHOST体験であった。

その時にリフのかっこよさとキャッチーさに触れ、その後アルバムを買い求めた次第である。

【ライブレポート】人間椅子倶楽部の集い2018@下北沢GARDEN

トリ

鈴木さん初期のGHOST好きだもんな

 

いやはや、それにしてもGHOST、面白いものである。

トリ

また日本で観られたらいいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください