【ライブレポート】筋肉少女帯@夏の魔物2018 in TOKYO

夏の魔物2018 筋肉少女帯ライブレポート

混沌の夏フェス「夏の魔物」に今年は筋肉少女帯が出演する、と言うことで今年も勇んで夏の魔物へと乗り込んだ筆者である。

筆者はしばしば筋肉少女帯のライブを観に行くが、フェスでの筋少は初めてであった。フェスでの筋肉少女帯と言う観点でもライブの様子をお届けしたい。

トリ

オーケン今年は筋少で出たのか!

ライブレポート 筋肉少女帯 @ 夏の魔物2018 in TOKYO 

2018年9月2日、ついに東京での開催となる夏フェス「夏の魔物2018 in TOKYO」のメインステージのヘッドライナーとして筋肉少女帯が出演した。

筋少、夏の魔物のメインステージ・ヘッドライナーとして登場

午後には雨が止んだお台場の特設会場も日が落ちかけていた。

いよいよメインステージのヘッドライナー・筋肉少女帯筋の出番といったところで筆者は上手側前線にて待機していた。

ステージ前には筋少Tシャツの人が多く見られた。また筋少のライブお馴染みの刺繍の入った特攻服やロリータファッションに身を包んだファンもちらほらと見られる。

そしてやはりカオスなフェス・夏の魔物である。そのヘッドライナーともなれば、あらゆるライブTシャツに身を包んだ音楽ファンが詰めかけている。

ほぼ定刻、筋肉少女帯がステージに現れ、大定番曲・サンフランシスコのキーボードのイントロが鳴り響いた。

筋少の魅力を凝縮したセットリスト

4人のメンバーに加え、お馴染みのサポートメンバーである三柴理長谷川浩二とともに、この日筋肉少女帯は全7曲を披露した。

セットリスト

  1. サンフランシスコ
  2. カーネーション・リインカネーション
  3. 日本印度化計画
  4. 元祖高木ブー伝説
  5. 踊るダメ人間
  6. 釈迦
  7. ディオネア・フューチャー

トリ

おー! 絶対盛り上がるリスト!

一発目のサンフランシスコに加え、日本印度化計画踊るダメ人間釈迦と言った名曲がずらりと並ぶ。

また攻撃的なカーネーション・リインカネーションも盛り上がること必至の一曲。

更にファンには嬉しいであろう怪曲・元祖高木ブー伝説も披露される。ちなみにオーケン氏のMCによれば元祖高木ブー伝説はこの夏の夏フェスではこれを含め2度しか演奏されていないとのこと(今年はフェス自体2回目の出演である)。多いのか少ないのかはいまいちわからないが、なんにせよ嬉しいものである。

そしてラストは最近作Future!から激しい曲調から壮大な展開をみせるディオネア・フューチャーが演奏された。冒頭の激しいコーラスで三柴氏がハンドマイクでフロントに現れるといった演出もあり観客が(もとい筆者がやたら)盛り上がりをみせた。

フェス仕様とも言えるセットリストは短い時間でファンを満足させつつ、筋少未体験の観客もその音楽と世界観を体感させるものであった。初体験の方にも筋少と言う名の沼の淵に立たせるには充分であろう。

特に夏の魔物というカオスなフェスを楽しめる観客ならば、筋少の音楽には少なからず心動かされるのではないだろうか。

トリ

夏の魔物はカオス過ぎて楽しい!

オーケン、トイザらスで怒られる

トリ

(なにこの見出し)

筋肉少女帯のライブのひとつの魅力とも言えるオーケン氏のゆるめなMCであるが、この夏の魔物でもその魅力が遺憾なく発揮された。

以下、そのMCでのエピソードである。

この夏の魔物2018 in TOKYOの前日、筋肉少女帯は打首獄門同好会との対バンを同じくお台場で行っていた。

行く場所を誤ったオーケン氏はトイザらスに迷い混み、仮面ライダージオウのイベントに遭遇したと言う。

そこで「あ、ジオウだ!」と思わず写真を撮ろうとしたところスタッフの人に「お客さんやめてください」と指摘されたそうである。

 

「トイザらスで怒られた大の大人も夏フェスではヘッドライナーだよ!」という珍妙な煽りで笑いがあがりつつも大盛り上がりするのも筋少のライブならではと言えよう。

トリ

なんか気が抜けるMCだな! おもろいけど!

30周年記念アルバム「ザ・シサ」と命懸けのアー写撮影

筋肉少女帯は今年でメジャーデビュー30周年を迎え、次回作「ザ・シサ」(2018年10月31日発売予定)に向けたレコーディングのただ中にある。概ね完成に近い形なっているとMCにて語られた。

トリ

新譜楽しみ!

それに付随する形でいわゆるアー写撮影も伴うが、これもMCにてネタにされている。

「50を過ぎたおじさんたちが命懸けでカッコ良い表情を作らないとならない」というのである。となるとコラーゲンが必要だ、というのがオーケン氏の語るところである。

このMCのあと、曲中にも「コラーゲンをくれ!」といった旨の煽りを何度か入れていたオーケン氏である。

トリ

コラーゲンって!

まとめ

夏の魔物2018 in TOKYOにて、筋肉少女帯がメインステージのヘッドライナーとして全7曲を演奏し観客を沸かせた。

筋肉少女帯のファンである筆者も、フェスでの筋少は初体験であったがいつも以上に凝縮した筋少を楽しめたしと感じている。フェスでの筋少にも今後注目していきたい。

 

いやはや、それにしても筋肉少女帯、なんとも面白いものである。

トリ

みんなで観に行こう!

フェス概要

来年以降の会場とは限らないが残しておく。

夏の魔物 2018 in TOKYO

出演:筋肉少女帯、THE夏の魔物、その他

 日付:2018年9月2日

 時間:開場9:00 / 開演10:00

  場所:東京・お台場野外特設会場J地区

会場一口メモ

フェスの会場としてここに筆者が赴いたのは今回限りである。念のため記しておく。

会場は駅から非常に近く便利

徒歩数分で到着する。

広さとしては、今回の魔物のように7ステージ設置するにはやや無理があるような気がするがそんなカオスな状態も夏の魔物らしい。

すぐそばには水の広場公園がありフェスを抜けてゆっくりするにもちょうど良い。

ヴィーナスフォートまで行けばファミマがある

逆方向だが、駅の側のヴィーナスフォートにファミマがある。当日雨天だったため筆者は朝ここでカッパを購入した。

ただし他に近くにコンビニはないためイベントがある日は混むことが予想される。

今回に関しては昼過ぎに飲み物を買いに行ったら店中がぐるっと列で埋まっており諦めた次第である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください