【メタルつまみ食い vol.4】美狂乱「魁!!クロマティ高校 オリジナルサウンドトラック」【オススメ】

メタルおすすめアイキャッチ

どんな記事か
この記事は「これからメタルを聴いてみようかしら」、という気概の方々に対して記したものである。

そんな方々へ、つまみ食い的にメタルを愛好する筆者が好きなアルバムを脈絡なく紹介させていただく。しかしながら懐の広いジャンルであるメタルなので色んな入り口があって然るべきである。と言うことで数打てば当たる精神で、いつか誰かにとってのメタルへの気軽な入り口となれば幸いである。

変拍子と弦楽器が織りなすプログレッシブハードロックで不条理世界が去来する!

トリ

ハ? ナニイッテンノ?

今回は美狂乱魁!!クロマティ高校 オリジナルサウンドトラック」について記す。

トリ

美狂乱

メタルかわからないがこの際、まあいいやといったところである。メタルは懐も深いのである。

トリ

適当!

メタルつまみ食い 美狂乱「魁!!クロマティ高校 オリジナルサウンドトラック

魁!!クロマティ高校 オリジナルサウンドトラック

Release 2004/03/24

美狂乱
ランティス
 
  1. トラスト・ミーpart1
  2. 街の光
  3. ジェントルマインド
  4. Higurashi
  5. フレディのテーマ
  6. 激しいペールギュント
  7. スクエアムーン
  8. Life on the Earth 1
  9. メカ訳ミニマル
  10. もぐら
  11. 謎のブリッジ2
  12. プータンのテーマ
  13. トラスト・ミーpart2
  14. Go NorthWest Go
  15. アフリカカリンバ
  16. ピエロ
  17. くもの糸
  18. mechazawa Hi-Speed
  19. 即興3
  20. 眠りの淵
  21. 即興
  22. 聖夜
  23. トラスト・ミーpart3

アニメサントラにプログレの大御所が参戦してできたアルバム

実を言うと美狂乱のことを全く知らずに手に取ったアルバムである。その名の通り魁!!クロマティ高校 」のサウンドトラックである。筆者は一時期このアニメにはまっていたのだ。

美狂乱は知らずともなんとなく近所のTSUTAYAで借りたこのアルバムに妙にはまってやたら聴いていたのである。最近聴いたらやはり良いので今回紹介させていただく。

背景的な話

当時画期的だった(らしい)15分アニメ「魁!!クロマティ高校 」の劇伴として作成されたアルバムである。

それを美狂乱という日本を代表するプログレバンドが担当すると言うまさかの采配。そしてなんとこのアニメの監督を務めた桜井氏がこのCDではベースを担当しているのである。上手い。

MEMO

魁!!クロマティ高校 」楽曲の公式動画が見つからなかった。と言うことで美狂乱がこれまた桜井監督とタッグを組んだ「ぷちえゔぁ」のBGMの演奏動画を貼る。雰囲気は伝わるはず。桜井監督はレフティのようである。

一筋縄ではいかないアプローチ

楽曲はアニメ劇伴にも関わらず変拍子が多用されまた弦楽器のフレーズも加わり、それでいてハードロックな只ならぬ雰囲気が醸し出されている。クロマティ高校アニメ版を裏で実にがっしりと支えていた屋台骨とも呼べる名作と言える。

和製キング・クリムゾンと呼ばれた美狂乱だけあってなかなかキング・クリムゾン感のあるフレーズが詰め込まれている。

MEMO

キング・クリムゾン

イギリスの超大御所プログレッシブロックバンド。結成50年らしい。
筆者は初期の方の作品をいくつか聴いたことがあるだけなため詳細はほとんどわからんが、何やらメンバーチェンジとか音楽性の変遷なんかを相当経ているとのこと。

筆者は1974年にリリースされた「Red」と言うアルバムが非常に好きである。

トリ

1stノ「クリムゾン・キングの迷宮」ノジャケットハ知ッテル人多ソウ

以下の超有名曲が収録されている。ただし動画は人間椅子によるカバー演奏である。

トリ

コッソリ人間椅子ヲ啓蒙シタガル奴! スゴイケド!

コンパクトなため馴染みなくても聴きやすい

またアニメ劇伴のためか、一曲一曲がかなりコンパクトにぎゅっと絞られている。そのため物足りなさがあるかもしれないが、反面聴きやすさが出ている。ひょっとするとプログレへの入り口として最良の1枚かもしれない。わからんけど。

トリ

雑ダナ!

楽曲紹介

曲数が多いため抜粋して気に入っているものを紹介する。

トラスト・ミーpart1

筆者がもっとも好きなのがこの曲である。ワウのかかったギターと存在感あるベースの絡みで徐々に高揚感を強める展開を1分足らずに詰め込んでいる。

part○と言うのもクリムゾンっぽい。それぞれ毛色が違うがpart2,3も良曲である。

フレディのテーマ

もうなんと言うかあれである。もろQUEEN感のあるギターである。フレディがツボだった筆者などはアニメ視聴時、もはやこの曲が流れるだけでよくわからんが笑えてくると言う病にかかっていた思い出の一曲。

スクエアムーン

なかなかにヘヴィでありつつ、ヴァイオリンのフレーズに緊張感があり非常に良い。ちなみに今作でヴァイオリンは美狂乱の中心人物・須磨氏のご子息が担当されているそうである。

アニメの不条理さが蘇る名曲である。サントラパート2にはヴォーカルありバージョンが収録されていたりする。

まとめ

美狂乱魁!!クロマティ高校 オリジナルサウンドトラック」はアニメサントラでありながら非常にテクニカルなプログレッシブロックを楽しめる名作である。

また、思わぬところにも音楽との出会いがあるわけである。

余談ではあるが、筆者は学生の折に教養を高めるべくアニメを集中的に大量視聴していた時期があった。その時期に「魁!!クロマティ高校」のDVDを借りて見た次第である。当時美狂乱と言うバンドのこと一切知らなかったもののサントラを聴いているうちにこのヘンテコなアニメの音楽のただならぬ雰囲気に引き込まれ、何やらプログレバンドが楽曲を担当したことを知るに至ったのである。

と書いているうちにアニメ「魁!!クロマティ高校」を久しぶりに見たいものである。Prime Videoなんかで見たかったのだが見つからなかった。

いやはやそれにしても魁!!クロマティ高校 オリジナルサウンドトラック」、面白いものである。

トリ

ミンナデ聴コウ!

アニメもおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください