【モスバーガー】麻辣モスバーガーが本格的にシビれるうまさ【オススメ限定メニュー】

モスバーガーおすすめ限定メニュー麻辣モスバーガー

モスバーガーが昔から好きである。職場の近くにもあるのでしばしばいっている。

公式に2019年「モス最初のおすすめ」とされている「麻辣モスバーガー」が非常におすすめなのである。

トリ

ふむふむ!

麻と辣の2つの辛さとモスバーガーが織り成す新たなスパイシーモスバーガー?

麻辣モスバーガー本格的な辛さを堪能できる

ダブル麻辣モスバーガー。珍しくダブルにしてみた。食べごたえありすぎ。

麻辣モスバーガーはその辛味がなんとも本格的なのが魅力である。

の痺れる辛さがほどよく強い。

飲んだ水の味がすこし変わってしまうあの山椒の辛味である。

トリ

てか麻辣ってなんだ?

は痺れる山椒的辛味、は唐辛子の辛味である。

トリ

へー!

詳しく(?)は孤独のグルメ シーズン1を復習していただきたい。

 

トリ

池袋回! 水の味が変になるくだりもあるやつ!

Amazonプライム会員ならプライムビデオで視聴できるので観てみていただきたい。

 

 

筆者はスパイシーモスバーガー好きなのだが、この麻辣モスバーガーはベースがモスバーガーなだけあって新たなスパイシーモスバーガーといった趣がある。

辛いシールとダブルシール

輪切りのトマトとパティ、そしてソースがとてもマッチしているのだ。

とてもおすすめなので是非発売期間に食べてみていただきたい。

ポテトうまし。

なんとなくポテトの袋にまとめがち。

余談 モスバーガーはソースの食べごたえがすごい

モスバーガーといえばソースの存在感がものすごい。食べごたえすらある。

あるいはポテトにディップしてもよい。

だいたいバーガー袋の底にソースが余るのでポテトにディップしよう。

最後に袋に残るソースもスプーンを借りて食べきるべきだろう。

トリ

そこまで!?めんどくない?

その場合はセットにしてクラムチャウダーなどのスープをつけることでスプーンをゲットできるのでそれもあり。

トリ

ふーん

余談 【モスの日】モスは2019年3月12日で47周年

モスは1972年、日本生まれである。

47年とか思いのほか老舗でビビる。

トリ

すごいね!

終わりに

ということでモスバーガーの限定メニュー「麻辣モスバーガー」の紹介であった。

いつもと違ったピリリと辛いモスバーガーは本格的な中華的辛さである。

辛いもの好きにもおすすめ。ダブルにすればかなり食べ応えあり。

気になったら是非食べてみていただきたい。

 

いやはや、それにしてもモスバーガー、面白いものである。

トリ

モスうまし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください