【Rammstein】Deutschlandを聴いて新譜を待つべし【10年ぶりの新曲】

長いこと新作が待ち望まれていたRammsteinがついに新曲および、新譜発売を発表した。

トリ

Rammstein!!

新曲Deutschland(ドイチュラント)は実に10年ぶりの新曲となる。

トリ

久しぶりすぎ! そして嬉しすぎ!

その新曲Deutschlandについて、そして来たる新譜への期待などを無闇に書き残す次第である。

【Rammstein】Deutschlandを聴いて新譜を待つべし

DeutschlandのMVは何やらムードがすごい

筆者はこのMVが発表されてから毎日のようにMVを観ている。

これが非常によい!

これぞRammsteinの音、と言う音を堪能できる快作である。

ちなみにDeutschland(ドイチュラント)とはドイツ語で「ドイツ」の意味だそうだ。

世界的な成功を収めているRammsteinだが、今尚ドイツ語の圧倒的に力強いボーカルで歌い続けている。

そのRammsteinが「ドイツ」と言う歌を歌うのだから、もうなんだかただならないのである。

トリ

なんだかただならない!

公開されたミュージック・ビデオは、中世からホロコースト、第二次世界大戦、そしてベルリンの壁など、ドイツの歴史を描いているそうな。

Rammsteinらしさに富んだ、不穏でどこか不謹慎なMVをまずは見るべきだろう。

高まるかのように繰り返すキーボードの幾何学的な旋律、そして突如槌の如く振り下ろされるのはギターである。

トリ

最初のズーン!って音でもう気持ちいい!

本当にその通りである。

そして低く響き渡るティルのボーカル…!

トリ

うむ!

いよいよRammsteinが戻って来たのである。

MVの演出も非常に凝っている。

怪しい赤い光がもたらす奇妙なムードにヒリヒリするものがある。

そしてMVで描かれる歴史につきまとう黒人女性が気になって仕方がない。

ちなみにこの黒人女性はドイツ民族全体を擬人化した存在「ゲルマニア」とのことである。

演じるのはドイツの俳優Ruby Commeyである。

Rammsteinはこんなバンド 復習

ラムシュタインは、1995年デビュー以来、全世界で2,000万枚以上のセールスを記録し、2.5億回以上ストリーミング再生されているドイツ最大級のバンドである。

トリ

すごい!

インダストリアル要素のあるメタル・サウンド、なかなか攻撃的。

変態的で不謹慎なミュージックビデオ、危険な雰囲気、パイロ技術を使いまくったライヴが評判を呼び、世界に強烈なインパクトを与えてきた唯一無二のバンドである。

ニュー・アルバムを伴い、2019年には18か国でスタジアム30公演が決定しているそうな。

ちなみにチケット発売後1時間で100万枚以上のチケットが売れ、28公演が完売している。

トリ

日本に来てくれー!
参考 10年ぶりの新作2019年5月17日リリース! 第一弾シングル「ドイチュラント」先行リリース!UNIVERSAL MUSIC JAPAN

Rammsteinのニューアルバムは2019.05.17発売予定!

いよいよ10年ぶりのアルバムである!

発売予定日は2019/05/17とのこと。

ちなみにiTunesで予約するとその場で「DEUTSCHLAND」をダウンロードできるそうである。

トリ

要チェック!

おわりに

と言うことでRammstein10年ぶりの新曲と新譜について、あまり情報量のない話であった!

トリ

まあとにかく楽しみだよ!

そう言うこと!

 

いやはや、それにしてもRammstein、最高である。

トリ

みんなで聴こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください