【東京都の水族館】東京タワー水族館の行き方と感想

東京タワー水族館の行き方と感想のアイキャッチ

どんな水族館か?

東京タワーの1Fにある40年の歴史をもった水族館である。敷地は割と狭い。ショーなんかはなく、ほぼ魚しかいない。公式サイトがおしゃれ。

変わった姿形の生物が多め。

おすすめ?

総じてB級な雰囲気が拭えないが、むしろそう言うスポットが好きな人にはオススメ。

珍しい魚も多く観ていて結構面白い。ただし規模に対して入館料が高め。

そして残念ながら2018年9月30日をもって閉館する。

トリ

閉館か!

東京タワー水族館の概要と行き方

東京タワー水族館の基本情報

東京タワー水族館公式

 

 入館料
高校生以上           1,080円
小・中学生      600円
シニア(65才以上) 600円

 

 営業時間
10:30~18:00(11/16~3/15)
10:30~19:00(3/16~11/15)

 

 所要時間目安
60 – 90分

 

所在地

〒105-0011 東京都港区芝公園四丁目2番8号

東京タワー水族館への大まかな行き方

電車での行き方

STEP.1
近くにあるいずれかの駅へ赴く

下記のいずれかの駅まで行く。

●JR山手線・京浜東北線  浜松町駅から徒歩15分

●東京メトロ日比谷線    神谷町駅から徒歩6分

●都営大江戸線       赤羽橋駅から徒歩5分

●都営三田線        御成門駅から徒歩6分

●都営浅草線        大門駅から徒歩10分

STEP.2
東京タワーを見つける
多分東京タワーが見えるので、そこを目指すべし。

東京タワー

筆者は浜松町駅から歩いてみた。多分東京タワーが見つかる(はず)。

STEP.3
歩く
歩くべし。

増上寺

浜松町駅からだとなかなか歩く。途中に増上寺なんかがあった。

近づいた東京タワー

そろそろ到着という距離感の東京タワー。

STEP.4
到着
と言うことで到着。東京タワーは割と賑わっている。

Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalで撮影した東京タワー

何やらピンクのキャラクターが待ち受ける。唐突にやたら広角な写真である。

東京タワー水族館で撮影した写真(+感想めいたなにか)

訪問時期:2018/09

水族館。

そこは非日常を求め訪れし者が、その日焼けした魂を癒す束の間の安息地である。

トリ

は? なんだ?

時間や社会に囚われつつ現実逃避に走るとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。

誰も邪魔せず気を遣い、水生生物を至近距離で撮影するという孤高の行為。

この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである。

トリ

え? 何言ってんの?

 

さて、何やら東京タワーにある水族館が2018年の9月30日をもって閉館するらしい。

と言うことで記念に行ってみることにしたのであった。

意外と混んでた

筆者は初めて訪れたため、通常どの程度賑わっているのか知らない状態で臨んだ。

デフォルトなのか閉館直前効果なのかわからないが、なかなか混み合っていた。

思いのほか混んでる東京タワー水族館の様子 思いのほか混んでる東京タワー水族館の様子

トリ

ほー

なんかすごい見られる

東京タワー水族館ではやたらと魚が見てくる気がしてならない。

と言うことでその顔面をお送りする。

こっち見てくるピラルク@東京タワー水族館

ちっちゃいピラルク。可愛かった。そしてやたらこっちを見ている。

トリ

かわいい

ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー@東京タワー水族館

ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー(名前が長い)。ちらりと見下される。

ワラゴ・アッツー@東京タワー水族館

ワラゴ・アッツー。なんか複数の水槽にいた。笑われた。

スポッテッド・ナイフフィッシュ@東京タワー水族館

スポッテッド・ナイフフィッシュ。正面からはわからんけどなかなか個性的な体形である。そして正面からしか撮っていなかった。

オスフロネームス・グーラミー@東京タワー水族館

圧倒的な顔面のオスフロネームス・グーラミー。おでこが強そう。

トリ

近!ってか怖いわ!

他の魚にも無闇に近づいておく

東京タワー水族館の生物は結構姿形が特徴的な魚が多くいるため観ていて楽しかったりする。

グリーンモレイ@東京タワー水族館

グリーンモレイ。デカかった。

トリ

こわい

クモヒトデ@東京タワー水族館

クモヒトデ。なかなかのぞわぞわ系である。

プレコ@東京タワー水族館

プレコ。鉄腕ダッシュで食べられてたヤツか、などと脳裏に去来する。

プレコの裏

プレコの裏。

白いプレコ@東京タワー水族館

白い個体も。

ジャウー@東京タワー水族館

ジャウー。かなりデカかった。飼育年数25年超だとか。この水族館の歴史の長さもまたうかがえるというものである。

デンキウナギ@東京タワー水族館

デンキウナギ。

オオウナギ@東京タワー水族館

オオウナギ。

プロトプテルス・ドロイのアルビノ@東京タワー水族館

プロトプテルス・ドロイのアルビノっぽい個体。

ポルカドット・スティングレイの裏ポルカドット・スティングレイの裏@東京タワー水族館

ポルカドット・スティングレイの裏。最近こういう名前のバンドがいましたね。

ポルカドット・スティングレイ@東京タワー水族館

ポルカドット・スティングレイ。

ジーベンロック・ナガクビガメの尻尾@東京タワー水族館

ジーベンロック・ナガクビガメ。の尻尾。首を折りたたむ曲頸類。

トリ

なぜお尻撮った(首見せろ)。

ワラゴ・アッツー@東京タワー水族館

またしてもワラゴ・アッツー。笑っとる。

トリ

笑ってるな

ワニガメもいる

ゴツゴツした何か。

トリ

ん?

ワニガメの顔面@東京タワー水族館

ワニガメである。

トリ

ヒェ!怖い!

ワニガメの脚@東京タワー水族館

ワニガメの脚である。

トリ

質感すごいな!

ワニガメの顔面@東京タワー水族館

ワニガメの顔面である。

トリ

強そう!

ワニガメの顔面@東京タワー水族館

ワニガメの顔面である。

トリ

おお!やっぱ怖い!

ワニガメの爪@東京タワー水族館

ワニガメの爪である。

トリ

爪!

別の水槽のワニガメ@東京タワー水族館

別の水槽にももう一体いる。全身はこんな感じ。

トリ

へー

ポケモンぽいワニガメ@東京タワー水族館

正面。溢れるポケモン感!

まとめ なんだかんだコンパクトに楽しめる水族館である

東京タワー水族館は、行ってみれば楽しく見れる水族館であった。魚たちがかなりこっち見てくるので視線に耐えられない方は注意すべし。

執筆時点ではまだ閉館していないため、もし行ける方は最後に行ってみていただきたいと思う。

 

いやはや、それにしても東京タワー水族館、面白いものである。

トリ

みんなで行ってみよう

ノッポン兄。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください