【WACK】写真集「IDOL」豪華版が届いた【外林健太・DOCUMENTPHOTOBOOK】

おすすめ・外林健太の傑作写真集「IDOL」Amazon限定版の紹介・感想

アイドルの概念が変わりゆく現代において、その変化の先っちょを変形させ続けているのがWACKだと筆者は感じている。

トリ

いやお前、別にアイドル詳しくないだろ

まあそうなのだが。

そのWACKのグループの写真を撮り続けるフォトグラファーにしてWACKのグループの衣装デザイナーも務める外林健太氏の写真集「IDOL」が刊行されたのは2019年の2月である。

そして2019年の3月、満を持して「IDOL」のAmazon限定豪華版が注文者の元に届いた。

筆者もそれを受け取った一人である。

命を燃やすかのごときアイドルたちの生き様、それらが圧巻のボリュームで収録された写真集なのだ。

トリ

おー!

【WACK】外林健太による写真集「IDOL」に現代のアイドル像を垣間見る

これはAmazon限定の豪華版である。2000部限定。

外林健太氏とは?

フォトグラファー / 衣装デザイナー。RIM所属。

BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREといったWACK所属グループはじめ多数のグループの衣装やオフィシャル写真を手がけている、WACKになくてはならない存在ではなかろうか。

トリ

そってぃーさんの衣装もすごくいいよな!

2017年12月にはBiSとGANG PARADEの2マンツアーに密着した写真集『BiS/GANG PARADE TOUR THE PICTURES』をリットーミュージックより発売(こちらも違った味でまたよし!)。

2019年2月に2冊目の写真集となる『IDOL』をSWより発売。3月には満を持して豪華版が発売された。

写真集IDOLとは?

表紙も非常に良い。汗だくのアヤ・エイトプリンスの美しさが際立つ。

外林氏がWACKの各グループの活動につきっきりで撮り続けてきた写真で構成された220ページの写真集である。

トリ

どんな写真が載ってるんだ?

ライブ前後の楽屋の様子であったり、撮影のオフショット的なものがたくさん掲載されている。

狭い楽屋でのミーティング、着替えている姿、脱ぎ捨てられた服、汗のあとが残るソファ、笑顔、そして涙。

そのようなカットが納められているというところから、外林氏のメンバーとの関係性が伺えるようでもある。

ちなみに多彩な写真が掲載されているが、筆者としては特に印象的だったのがライブ後のメンバーの写真である。

燃え尽きたかのように汗だくになっていたり、時にはぶっ倒れているメンバーに心揺さぶられるのだ。

「IDOL」を紐解けば、命を燃やして生きるアイドル像を目の当たりにすることになる。

非常におすすめの写真集なのである。

「IDOL」豪華版の中身を紹介

写真集とインタビュー集、これに加えTシャツがセットになってボックスに入っている。

お馴染みの「IDOL」の表記、腕には各グループのロゴが入っている。

手書きサインゆえ汚れあるかも、的なことが書いてある紙が入っていた。

インタビュー集にはWACKメンバー38人の直筆サイン入りである。 裏表紙はBiSHとBiS。

表紙をめくるとGANG PARADE。

裏表紙をめくるとEMPiREとWAggのサイン。

インタビュー集の内容はグループと外林氏の対談+αが収録されている。

  • BiSH
  • GANG PARADE
  • BiS1st
  • BiS2nd
  • EMPiRE
  • 渡辺淳之介氏 x 外林健太氏
  • WAgg

IDOLとは?10年後はどうしているか?といった問いに対して各グループが外林氏とあれこれ話す。

グループとしてより高次に向かうための方策がグループごとに異なる様子が浮き彫りになる、そんなインタビューでもある。

トリ

結構レアな内容かも!

まとめ

ということで外林健太氏のDOCUMENTPHOTOBOOK「IDOL」の紹介であった。

単純に良い写真ばかりである。

ちなみにこの本を作ったStoryWriter西澤氏のnoteに、このIDOLができるまでを振り返る貴重な完成秘話が公開されている。

「IDOL」と併せて読むと良いだろう。

参考 西澤裕郎note

 

いやはや、それにしてもIDOL、面白いものである。

トリ

じっくり観るべき!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください